(Management Accounting) 管理会計

避けるべき!?管理会計で難しい論点【3選】

 

 

管理会計の問題も当然ややこしい問題と簡単な問題があります。

 

ますたん
これは一般的に論点で分けられるものではありません♪

 

ですが、一般的に難しいと考えられる論点もあります。

 

結論

結論から言えば、多様に出題できる問題は難しくなる可能性も多いので、論点として解くべきか判断できるように知っておくことが大切です。

 

1.管理会計の問題

管理会計の問題

 

管理会計の問題は比較的多様な問題が出題されます。

 

普遍的な部分では教科書に載っていることがほとんどですが、出題でどの知識を利用するべきなのか判断が難しい場合もあるでしょう♪
ますたん

 

初学者の場合ひとつひとつの論点を勉強していても何を計算すれば良いのか手がつかないことも有ります。

 

難しくなりがちな論点を把握しておくと有利になるケースも大いに考えられるのです。

 

2.管理会計で難しい論点とは?

管理会計で難しい論点とは?

 

管理会計では出来る限り論点で難しいか簡単を判断しない方が良いです。

 

ますたん
ただし、解かなくても合格点を獲得できるような試験もあります♪

 

解かなくても良い場合には難しい論点は避けることも大切です。

 

一般的にスピードが必要なので、瞬時に解くべきかを判断するためには論点として簡単なのか難しいのか知っておくと有利になるでしょう♪
ますたん

 

簡単な論点かつ簡単な問題を優先的に解き、その後難しい論点が簡単であれば解く、難しい場合には飛ばすなどの判断が大切です。

 

3.避けるべき!?管理会計で難しい論点【3選】

避けるべき!?管理会計で難しい論点【3選】

 

避けるべき!?管理会計で難しい論点【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.業務的意思決定

業務的意思決定

 

先ずは、業務的意思決定です

 

業務的意思決定は比較的文章量が多く、理解し難いことも有ります。

 

ますたん
逆に文章量が多いのは説明が細かく解きやすい場合もあるので要注意です♪

 

ですが、一般的にスピードが求められている場合には後回しにするのが賢明かもしれません。

 

あくまでも他の問題と総合的に判断する必要があります。

 

3-2.個別・総合原価計算

個別・総合原価計算

 

次に、個別・総合原価計算です

 

個別・総合原価計算は処理は仕損、減損などの処理が絡むので多くの知識を要します♪
ますたん

 

簡単な問題もありますが、ややこしい場合も多いです。

 

明らかに文章量が多く、あまり見ない記述などは即飛ばしですが、判断が難しい場合もあります。

 

手をつけてしまうと時間を要しますし、諦めるのにも勇気がいります。

 

ますたん
一度目を通すだけなら長くても数分なので、冷静に読むことも大切です♪

 

3-3.費目別計算

費目別計算

 

最後に、費目別計算です

 

費目別計算も材料費・労務費・経費などの計算をしなくてはならず、論点の組み合わせで分からなくなることも多いです♪
ますたん

 

予定価格を用いている場合かつ差異を出さない場合などは比較的簡単に求められるかもしれません。

 

ますたん
ただし、ややこしく出題することは容易です♪

 

こちらもしっかり問題文を頭で解き方を想像しながら読んでいく必要があります。

 

結論:出題が多様な論点は要注意

 

避けるべき!?管理会計で難しい論点【3選】

・業務的意思決定

・個別・総合原価計算

・費目別計算

 

あくまでも難しくなりがちな論点として今回取り上げました。

 

アメーバ組織などは難しいと言うか手をつけるべき場合のほうが少ないので、入れませんでした♪
ますたん

 

絶対にこれが難しいと言う論点はありませんが、覚えることが多くややこしくなりがちな論点はあります。

 

ますたん
感覚的に身につけていくと有利になるのでおすすめです♪

 

では、今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-(Management Accounting) 管理会計
-,

© 2022 masutannblog