(Financial accounting) 財務会計 Bookkeeping(簿記)

【簿記】特殊商品が簡単に理解できるようになるポイント【3選】

 

 

ますたん
簿記において特殊商品が嫌いな人はとても多いです♪

 

論点として分かりづらく、掴みづらいと言えます。

 

結論

結論から言えば、とても種類が多いので重要と考えられるところを中心に押さえていく必要があるのです。

 

1.特殊商品とは

特殊商品とは

 

商品とは通常の商品の販売とは異なり、特殊な販売形態である販売方法を言います。

 

以下の販売方法等です

・未着品販売

・委託販売、受託販売

・試用販売

・割賦販売

 

3分法、分記法、総記法などの記帳方法との組み合わせから、多様な出題が見られます。

 

商品の特殊な販売方法は様々な組み合わせがあるため、理解し難い内容になっているのです♪
ますたん

 

2.難解な理由

難解な理由

 

ますたん
特殊商品は、様々な販売形態が入り混じっており、記帳方法や認識方法に至るまでがあります♪

 

これらのパターンをひとつひとつ追っていくと、分からなくなってしまいがちです。

 

これらの商品販売方法が一種類だけ出題されている場合はマシと言えます。

 

ですが、販売方法の組み合わせがあると、とても難解な出題となるのです。

 

3.特殊商品が簡単に理解できるようになるポイント【3選】

特殊商品が簡単に理解できるようになるポイント【3選】

 

特殊商品が簡単に理解できるようになるポイント【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.売上原価認識のタイミング

売上原価認識のタイミング

 

先ずは、収益認識のタイミングです

 

収益を認識するタイミングは、通常実現主義により行われます♪
ますたん

 

つまり、財貨又は役務の提供と引き換えに、現金等を受け取った時点です。

 

商品では、売上の計上時期は通常販売した時と言えます。

 

『販売した』とは、販売形態により異なるのです。

 

ますたん
試用販売は買い取りの意思表示時点、委託販売は受託者販売時点が原則と言えます♪

 

例外として、安全性や有用性から認識時点が認められているのです。

 

3-2.売上原価の認識方法

売上原価の認識方法

 

次に、売上原価の認識方法

 

売上原価の認識を行う方法として、いつ認識するのかが大切です。

 

期末に一括で行う期末一括法、売上の都度行う都度法があります♪
ますたん

 

俺らがややこしく感じますが売上の認識するタイミングが異なるだけです。

 

認識方法を明確にしていくこと必要があります。

 

3-3.取引形態を簡単に捉える

取引形態を簡単に捉える

 

最後に、取引形態を簡単に捉えるです

 

特殊商品は勉強をしていけばいくだけ、ややこしく感じてしまいます。

 

ますたん
ですがこれらはあくまでも同じ商品を販売しているに過ぎません♪

 

販売を委託しているのか、試しに商品を送っているのか、遠方の販売のため証明書を発行したのか、分割して販売したのかです。

 

難しく考えずに簡単に考えていくことがとても必要と言えます。

 

結論:期間損益が鍵

 

特殊商品が簡単に理解できるようになるポイント【3選】

・売上原価認識のタイミング

・売上原価の認識方法

・取引形態を簡単に捉える

 

このような処理を行っていくのかと言えば期間的に収益を対応させるためです。

 

当期の損益は当期に帰属させなければいけません♪
ますたん

 

この原則を忘れずに一つ一つは見ていけばとても分かりやすくなるはずです。

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-(Financial accounting) 財務会計, Bookkeeping(簿記)
-, ,

© 2022 masutannblog