Accounting(会計) Bookkeeping(簿記)

簿記のメリット・デメリット【3選】

 

 

ますたん
あなたは簿記の勉強をしたことありますか?

 

簿記の勉強はメリットが沢山あります。

 

ますたん
ですが、良いとこばかり見ても仕方ないですよね♪

 

結論

結論から言えば、メリットとデメリットの両方を考察して、俯瞰して自分に必要な知識かを考える必要があるのです。

 

1.簿記の勉強について

簿記の勉強について

 

簿記の勉強は、社会人として有用なスキルです

 

ですが、使わない人にとっては有用とまでは言えないでしょう。

 

ますたん
なぜなら簿記を使って帳簿をつけて、「財務諸表」に表します♪

 

この表になにが書いてあるか分かればそれで充分だからです。

 

ですから、しっかりメリット・デメリットを俯瞰して考え、自分に必要な知識かどうかを判断していきましょう。

 

2.簿記のメリット【3選】

簿記のメリット【3選】

 

簿記のメリット【3選】は、以下の通りです。

 

2-1.仕事の幅が広がる

 

先ずは、仕事の幅が広がることです

 

ますたん
簿記が分かれば、経理や会計事務所などで勤められます♪

 

さらに、資格を取れば公認会計士や税理士として働くことが可能です。

 

ますたん
ですから、仕事の幅が広がると言う意味でも簿記の学習は重要でしょう♪

2-2.数字という普遍的知識

 

次に、数字という普遍的知識です

 

ますたん
数字が読めるかどうかと言うのは社会人として重要です♪

 

読めるだけなら、簿記をそこまで知らなくても理解できます。

 

ますたん
ですが、詳しい内容を知るためには簿記の知識は必須なのです♪

 

2-3.経営に詳しくなる

 

最後に、経営に詳しくなることです

 

ますたん
簿記を勉強するとその先の取引について、ある程度知らなければいけません♪

 

ですから、経営自体についても詳しくなります。

 

そして、FP等の勉強と一緒に行っていけば、さらに理解を深めることができるのです。

 

3.簿記のデメリット【3選】

 

簿記のデメリット【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.使わない

 

先ずは、使わないことです

 

ますたん
自然と使う機会は人によっては、たまにしか無いかもしれません♪

 

ですから、とりあえず常識として勉強しておこうという方は、資格を取らなくても良いでしょう。

 

ますたん
取るのであれば日商簿記3級をおすすめします♪

 

使うためには、自分で使う職業を選択する必要があるのです。

 

3-2.改正

 

次に、改正です

 

ますたん
取引の内容が変われば、簿記の方法も変わるので改正が行われます♪

 

ゆえに、継続的に勉強をする必要が出てくるのです。

 

しっかり最後まで勉強してそれを活かしていくと言う方は、一生勉強し続ける覚悟が必要です。

 

3-3.深い

 

最後に、深いことです

 

簿記は帳簿に書いておくと言ってしまえば間違えではありません。

 

ますたん
ですが、意外と深いというのがあります♪

 

これは、勉強を実際にした方でないと分からないでしょう。

 

ますたん
ただ、舐めてかかると痛い目をみます♪

 

結論:基礎知識なら日商3級

 

ますたん
このように、メリット・デメリットにも色々あります♪

 

実際には、勉強したけど合わないから辞めると言うのも有りです。

 

ですが、これで一生頑張っていくと言う方は勉強し続ける覚悟が必要でしょう。

 

なにより、他にもメリットは沢山あります。

 

ますたん
ですから、実際に勉強をはじめて判断することがおすすめです♪/st-kaiwa1]

 

では、今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました。

スポンサーリンク

-Accounting(会計), Bookkeeping(簿記)
-, ,

© 2022 masutannblog