Accounting(会計) Bookkeeping(簿記)

【簿記】過去問を繰り返し解くメリット【3選】

 

 

簿記は過去問を解くと良いと言われます。

 

ますたん
実際に過去問を解くことにより、試験に合格する可能性は高まるでしょう♪

 

過去問を繰り返し解くメリットが沢山あるのです。

 

結論

結論から言えば、実際に試験に出る問題を繰り返し解くことでパターンなどが覚えられるのです。

 

1.簿記の過去問

簿記の過去問

 

簿記の過去問は、専門学校ごとに本があります。

 

誰しも初めは教科書から勉強を始めるでしょう♪
ますたん

 

ですがそれだけでは合格する可能性は高まりません。

 

ますたん
何より実際に出題される問題を解くことが大切なのです♪

 

2.インプットの危険性

インプットの危険性

 

最終的には教科書の内容を理解している必要があります。

 

ですがインプット内容を極める必要はありません♪
ますたん

 

なぜなら、教科書を完璧に理解していなければ解けないとも言えないからです。

 

ますたん
試験で大切なのはあくまでも問題が解けることと言えます♪

 

そのためにはインプットだけでは足りないのです。

 

3.過去問を繰り返し解くメリット【3選】

過去問を繰り返し解くメリット【3選】

 

過去問を繰り返し解くメリット【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.ゴールが明確になる

ゴールが明確になる

 

先ずは、ゴールが明確になるです

 

テキストだけを見ている場合には、出題方法が見えてきません。

 

過去問を見ることで、出題方法が分かり勉強するべき内容を理解できます。

 

ゴールが明確でなければ進むべき方向がわかりません。

 

過去問を見てゴールをしっかり把握しましょう♪
ますたん

 

3-2.解けない内容がわかる

解けない内容がわかる

 

次に、解けない内容がわかるです

 

ますたん
試験で大切なのは実際に問題が解けることでしょう♪

 

テキストを読んでいて知らないと感じる部分は、具体的でないことがあります。

 

ここら辺が分からないという抽象的な内容になってしまうことが多いのです。

 

実際に過去問を解くことで、より具体的に解けない内容を理解することができます。

 

知らない部分はたくさんありますが、その中でも解けない内容を覚えるのは、優先順位が高いと言えるでしょう♪
ますたん

 

3-3.点数を意識できる

点数を意識できる

 

最後に、点数を意識できるです

 

過去問を実際に解くことで、どこが出題内容になっているかわかります。

 

ますたん
点数を取るためにはどの部分を解くべきなのか把握できるでしょう♪

 

またそれぞれの点数の高低により、解く順番も決めていくことができます。

 

過去問を繰り返しとけば、点数に対する感覚が身についてくるのです♪
ますたん

 

結論:過去問は繰り返し解くべき

 

過去問を繰り返し解くメリット【3選】

・ゴールが明確になる

・解けない内容がわかる

・点数を意識できる

 

過去問を繰り返し解くことによって点数が上がります。

 

ますたん
試験では点数を取ることが全てになってしまうのです♪

 

つまり理解していなくても点数が取れた方が良いと言えます。

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Accounting(会計), Bookkeeping(簿記)
-, ,

© 2022 masutannblog