(Financial accounting) 財務会計 Accounting(会計) Bookkeeping(簿記)

簿記は履歴書に何級から書けるのか?簡単に解説していきます!

 

 

ますたん
就職や転職活動をしていくにあたり、簿記検定は何級から書いて良いのか気になります♪

実際に企業は何級から価値があるとみているのでしょうか?

 

結論

結論から言えば、日商簿記検定2級程度であれば必ず書くべきであり、3級でも自信を持って書くことが大切です。

 

1.就活や転職活動での簿記検定

 

就活や転職市場において簿記検定は有用な資格と言えます。

 

企業は数字が読める社員を必要としており、数字を意識した企業活動を行っていくことが可能になるのです。

 

簿記は企業の取引を数字で表して記録しておきます。

 

企業を具体的に把握する為には簿記の知識を理解している人が必要なのです♪
ますたん

 

2.何級から書くべきなのか

 

ますたん
基本的に簿記と言えば、『日商簿記検定』を表している場合が多く、2級が目安です♪

 

会計事務所などにおいては日商簿記検定2級を募集要項としている場合が多いと言えます。

 

つまりその検定に類似している資格を持っていれば、書くべきです。

 

似ている資格には『全経簿記』があり、1級が日商簿記2級程度ですので、基準になるでしょう。

 

3.自信を持って書いていくべき

 

日商簿記2級や全経簿記1級は基本的に基準に過ぎません♪
ますたん

 

書いてはいけないという基準はありませんので、積極的に書いていく必要があります。

 

最近では日商簿記3級も株式会社に対応して、難解な出題も見られます。

 

その資格を保有していると言うのは勉強の成果ですので、自身を持って書いていくべきです。

 

結論:日商簿記2級が多いが、何級でも書くべき

 

書いてはいけない基準がない以上、書くべきと言えます。

 

もし日商簿記3級を保有しているのに、書かなければ緊張で言い出せなければ相手は簿記を勉強したことが無い人と判断するかもしれません。

 

書いておけばどのような勉強をしてきたのか、話が進んでいくことが想定できるのです。

 

ますたん
何級を取得したかよりも自身がその勉強から何を得たのかを重要視して話をしていくことがなにより大切と言えます♪

 

勉強をされてきた方は資格の級では相手を判断しないので、資格の級で落とされてしまったのであれば、そこで働かなくてよかったと捉えていきましょう。

 

モチベーションを保ち自身に合った会社を見付けていくことが重要なのです♪
ますたん

 

では、今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-(Financial accounting) 財務会計, Accounting(会計), Bookkeeping(簿記)
-, ,

© 2022 masutannblog