(Financial accounting) 財務会計 Accounting(会計) Bookkeeping(簿記)

勉強が捗る視点!?簿記の楽しいところ【3選】

 

 

簿記は楽しいです♪
ますたん

 

ただ、簿記は単調な作業でつまらないという方もいるでしょう。

 

結論

結論から言えば、簿記の楽しさに気づくためには深く学んでいく必要があるのです。

 

1.簿記は楽しい

簿記は楽しい

 

簿記が楽しくて仕方が無い方もいれば、つまらなすぎてやりたくもないという方もいるでしょう。

 

ますたん
ではこの差には何があるのでしょうか?

 

簿記は表面だけを見れば単調な作業で退屈してしまうのです。

 

重要な部分をいかに捉えていくかが必要と言えます。

 

2.つまらない場合

つまらない場合

 

楽しい場合には勉強が捗るので、次々知識を吸収していくことができます。

 

これに対してつまらない場合には勉強が手につきません。

 

無理に勉強をしようとするとストレスになってしまうのです。

 

ストレスを抱えている状況では長期的に学んでいくことができず、大変な思いをしていくことになるでしょう♪
ますたん

 

いかに楽しんで勉強していけるかが大切であり、そのための視点をいくつか知っておく必要があるのです。

 

3.勉強が捗る視点!?簿記の楽しいところ【3選】

勉強が捗る視点!?簿記の楽しいところ【3選】

 

勉強が捗る視点!?簿記の楽しいところ【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.数字が合う

数字が合う

 

先ずは、数字が合うです

 

簿記は右と左、つまり貸借で必ず一致します。

 

多くの取引を行っていたとしても表などにおいてぴったり金額が合うのです。

 

これは単純に気持ちが良いと言えます。

 

ますたん
最後のパズルの1ピースをはめた時の感覚に近いでしょう♪

 

3-2.取引が見える

取引が見える

 

次に、取引が見えるです

 

一般的に会社の中でどのような取引が行われているのかを知る機会は少ないと言えます。

 

簿記は会社内部での取引を記帳しておくためのものです。

 

つまり会社内部での取引が分からなければ処理ができません。

 

聞いたことのない取引であったとしても勉強をしていけばわかるようになってきます♪
ますたん

 

会社内部での取引はとても有用な知識と言えるのです。

 

3-3.状況が読める

状況が読める

 

最後に、状況が読めるです

 

ますたん
通常会社の状況が分かる方は少ないでしょう♪

 

簿記を行っている方が、財務諸表比較すればある程度会社の状況が読めます。

 

確かに財務諸表分析は特殊であり、別途考えていく必要があるとも言えるでしょう♪
ますたん

 

ただし、勘定科目にどのようなものが入っているのかどのような会計処理の結果そうなっているのかを把握するためには簿記が必要です。

 

つまり簿記を知っていなければ会社の状況を詳しく知ることはできません。

 

結論:楽しくて愉しい

 

勉強が捗る視点!?簿記の楽しいところ【3選】

・数字が合う

・取引が見える

・状況が読める

 

ますたん
簿記は単純に行っていても楽しいです♪

 

ただ、頭を使って思慮深く考えていくとより愉しいと言えます。

 

勉強すればするだけ簿記が深く感じて楽しくなるでしょう♪
ますたん

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-(Financial accounting) 財務会計, Accounting(会計), Bookkeeping(簿記)
-,

© 2022 masutannblog