(Financial accounting) 財務会計 Accounting(会計) Bookkeeping(簿記)

会計学つまらない人が一瞬で楽しく感じるようになる視点【3選】

 

 

ますたん
会計学に関して、どのように学んだら良いかわからないことも多いです♪

 

ただ闇雲に勉強を続けていると、つまらなく感じてしまう原因になります。

 

結論

結論から言えば、自身が研究者になったつもりで考えていくと楽しくなるのです。

 

1.会計学とは

会計学とは

 

簡単に言えば会計について研究する学問といえます。

 

会社で利益を上げるために会計を利用することもあるでしょう♪
ますたん

 

また、会社に関連している人達に、会社の状況をお会計を利用して知らせなければいけません。

 

昨今の信用経済化ではいかに正確に計算しているかが重要なのです。

 

2.会計学はつまらない

会計学はつまらない

 

会計学を勉強していると、眠くなるとよく私は耳にしました。

 

確かにつまらなく感じてしまうことが多いのも事実です。

 

ただ、その中にも楽しくて仕方がないという人もいます。

 

ますたん
では、この差には何があるのでしょうか?

 

会計学が楽しくなるためには、いくつかの視点が必要なのです。

 

3.会計学が一瞬で楽しく感じるようになる視点【3選】

会計学が一瞬で楽しく感じるようになる視点【3選】

 

会計学が一瞬で楽しく感じるようになる視点【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.研究の余地

研究の余地

 

先ずは、研究の余地です

 

会計学は歴史的に見ると古くからありますが、他の科目と比較すると浅い学問と言えます。

 

時代の変化に適応して、内容が変化するため、絶対にこれが正しいとはなかなか言えないのです。

 

つまり、時代の変化とともに研究の余地があり、研究するという視点で見ると楽しくなります。

 

是非、研究者の立場になって考えてみてください♪
ますたん

 

3-2.なぜを考える

なぜを考える

 

次に、なぜを考えるです

 

ますたん
教科書をそのまま読んで、頭に入れることは暗記していることと等しいと言えます♪

 

教科書にもなぜそのような処理をするのか、記載してあることもあるのです。

 

そのまんま頭の中に入れるのではなく、なぜそのような処理をするのかについてが大切でしょう♪
ますたん

 

複式簿記の原理原則に従い、考えていると退屈になります。

 

ますたん
簿記を使い記録しなければいけない理由、なぜそのような記録を行うのかについて考えてみましょう♪

 

なぜ利益を出さなければいけないのか、このような計算で、なぜ利益が出るのかも重要です。

 

3-3.普遍

普遍

 

最後に、普遍です

 

前述したいように、会計学が必要とされてきたのには何らかの理由があります♪
ますたん

 

これは単純に正確に計算しておく必要が出てきたからです。

 

逆に正確に計算を行わなければ、従業員が不正を行っていれば経営者が困りますし、会社の状況が読めなければ、投資をする人がいなくなります。

 

このように自然に出来上がってくる普遍的な活動から、会計の必要性が見いだされるのです。

 

ますたん
なんでこんなこと勉強するのかなと感じた時には普遍的な活動の内容と必要性について考えてみると良いでしょう♪

 

結論:研究者の視点

 

会計学が一瞬で楽しく感じるようになる視点【3選】

・研究の余地

・なぜを考える

・普遍

 

全体として研究をするには、どのような視点が大切なのかを考えれば間違いありません。

 

自ずと研究者の視点から勉強にのめり込んでいくでしょう♪
ますたん

 

魅力に気づいてしまったら、あなたは楽しくすでに勉強をしているはずです。

 

では、今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-(Financial accounting) 財務会計, Accounting(会計), Bookkeeping(簿記)
-, ,

© 2022 masutannblog