(Financial accounting) 財務会計 Accounting(会計) Bookkeeping(簿記)

公認会計士短答式試験が不合格の時の改善策【3選】

 

公認会計士短答式試験は難関です。

 

ますたん
難関だからといって真剣に勉強していれば不合格の時にはがっかりしてしまいますよね♪

 

結論から言えば、不合格だった理由を明確に把握していることが改善策と言います。

 

1.公認会計士短答試験が不合格の時

公認会計士短答試験が不合格の時

 

公認会計士短答式試験は合格率が10%程度です♪
ますたん

 

合格している方の方が圧倒的に少ないと言えます。

 

ますたん
だからといって不合格が仕方ないと考えてはいけませんが、それだけ狭き門です♪

 

勉強したからといって絶対に合格できるものではないと言えるでしょう。

 

2.諦めることなかれ

諦めることなかれ

 

ほぼ確実に合格できる方法としては、諦めないことです。

 

実体験上一番もったいないのは、一度勉強から離れることと言えます♪
ますたん

 

勉強を継続していれば知識が薄れてゆくことはあまりありません。

 

ですが、半年・1年間が空いてしまうと、分かっているように感じても忘れているのです。

 

状況が変わったとしても諦めることなく勉強を継続することが重要と言えます。

 

3.公認会計士短答式試験が不合格の時の改善策【3選】

公認会計士短答式試験が不合格の時の改善策【3選】

 

公認会計士短答式試験が不合格の時の改善策【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.計算と理論の体系

計算と理論の体系

 

先ずは、計算と理論の体系です

 

計算と理論は分けて考えがちですが、理論があっての計算と言えます。

 

理論といってもなぜそのように処理する必要があるのか、理由の部分です。

 

ますたん
理由が分かっていれば処理が頭の中に残りやすいでしょう♪

 

計算と理論を体系的に考えていくことが重要と言えます。

 

3-2.配点

配点

 

次に、配点です

 

当たり前のようで当たり前に考えられないのが配点と言えます♪
ますたん

 

公認会計士試験では1問に対する点数が違うのです。

 

ますたん
また、とても難しく感じるような問題でも、簡単に点を取れる場合があります♪

 

このように配点を意識した勉強が絶対に必要なのです。

 

3-3.出題頻度

出題頻度

 

最後に、出題頻度です

 

論点などにより出題頻度は異なります。

 

なので出題頻度を考慮に入れない勉強は非効率です♪
ますたん

 

出題頻度が高い論点を中心に勉強していきましょう。

 

全体を勉強する方が実務では有用と言えますが、公認会計士試験ではカバーできる範囲の量ではないといえます。

 

実務に入れてから調べて少しずつ覚えていけば良いです。

 

結論:的確な改善

 

公認会計士短答式試験が不合格の時の改善策【3選】

・計算と理論の体系

・配点

・出題頻度

 

不合格になってしまった時に、闇雲な改善を続けても意味がありません。

 

ますたん
試験に合格するためには点数が必要です♪

 

点数を努力するための改善を心がけていきましょう。

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-(Financial accounting) 財務会計, Accounting(会計), Bookkeeping(簿記)
-, ,

© 2022 masutannblog