(Financial accounting) 財務会計 Accounting(会計) Bookkeeping(簿記)

簿記のノートにルーズリーフを使うメリット【3選】

 

 

簿記も専門学校などで学んだ場合、授業の内容をノートにまとめることがあります。

 

ますたん
自習している場合にも、テキストの内容を要約していくと自分だけの一冊に仕上げることも可能です♪

 

テキスト通りに覚えることが非効率だと感じる場合などには、ノートを作ってみると良いでしょう。

 

結論

結論から言えば、簿記のノートをルーズリーフにより作成することで、気軽にノートをアップデートしていくこともできます。

 

1.簿記のノート

簿記のノート

 

簿記の内容は基本的にテキストに載っています。

 

ノートを作成する必要性が分からなくなることもあるでしょう♪
ますたん

 

一方で、ノート作成によるメリットは多様に存在しています。

 

ますたん
強制ではありませんが、自分の言葉でまとめた方が理解できる場合には積極的にノートを作成すると良いでしょう♪

 

2.要点整理に大切

要点整理に大切

 

いずれの場合にもノートを作成すると要点が整理できます♪
ますたん

 

テキストはあくまでも普遍的な知識であり、堅苦しく書いてあることも多いです。

 

ますたん
自分なりにわかりやすくまとめていくと、一目見たときに理解できる場合もあるでしょう♪

 

ノートを作成している時間がある場合には、積極的に作っていくと良いかもしれません。

 

3.簿記のノートにルーズリーフを使うメリット【3選】

簿記のノートにルーズリーフを使うメリット【3選】

 

簿記のノートにルーズリーフを使うメリット【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.気軽に書ける

気軽に書ける

 

先ずは、気軽に書けるです

 

ノートは基本的にまとめる為や、講義の内容を書いておくために書くと考えられます。

 

初めて聞いた講義の内容の場合、聞いた内容を即座にまとめることは難しいでしょう♪
ますたん

 

ルーズリーフであれば、ノートに清書を行っているわけではなく、下書きとしても利用できます。

 

ますたん
気軽に書けることから、利便性が高いのが特徴です♪

 

難しく考える事なくとりあえず書いておくという気楽さが、勉強の内容に集中させてくれます。

 

3-2.使い分けなくて良い

使い分けなくて良い

 

次に、使い分けなくて良いです

 

もし、複数講義を受講する必要のある日には、ノートを複数冊持って行かなければいけません♪
ますたん

 

ですが、ルーズリーフであれば無理にノートを持っていく必要がないのです。

 

見直す可能性がある場合には持って行かざるを得ませんが、それ以外の場合にはルーズリーフだけ持っていけば十分と言えます。

 

専門学校などに行く場合には、行くまでの準備を簡単にして億劫にならないように考えることもポイントです。

 

3-3.差し替え可能

差し替え可能

 

最後に、差し替え可能です

 

ノートの場合には、勉強を継続していて過去に書いた内容が間違っていた場合、修正しなければなりません。

 

ますたん
消しゴムや修正テープなどで消す場合、範囲が広ければ面倒なうえ汚くなりがちです♪

 

ルーズリーフを利用すれば、新たにまとめ直すことも可能になります。

 

常に新しい知識でアップデートした内容をファイリングしていけば、より新鮮のノートを作成できるのです。

 

結論:気軽さが重要

 

簿記のノートにルーズリーフを使うメリット【3選

・気軽に書ける

・使い分けなくて良い

・差し替え可能

 

ノートを書くために、内容に集中しているのは良いでしょう♪
ますたん

 

ノートを書くことを優先しすぎて、何を書いて良いかと戻ってしまえば、結局何も書かないで終わってしまうかもしれません。

 

ますたん
気軽に書いて後にまとめることも可能な、ルーズリーフが簿記においても万能です♪

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-(Financial accounting) 財務会計, Accounting(会計), Bookkeeping(簿記)
-, ,

© 2022 masutannblog