(Financial accounting) 財務会計 Accounting(会計)

【財務諸表論】会計学の理論を効率的に勉強する視点【3選】

 

 

ますたん
会計学の理論は、あまり学ぶ方は少ないでしょう♪

 

なぜなら、簿記を行う上では理由の詳細を知らなくても処理は出来ることが多いからです。

 

結論から言えば、会計学の理論を効率的に勉強して、簿記にある背景を理解することで、通常の会計処理に対する理解が深まります。

 

 

1.会計学の理論とは

会計学の理論とは

 

会計学の理論は、現代では「財務諸表」に表示する為の理由です

 

「財務諸表」は会社で適正に運営されている証拠になります。

 

ますたん
その「財務諸表」が適正に表示されている為には、ある基準に従っていることが前提です♪

 

その基準をつくるために、今までの会計の考え方と矛盾の無いように考える為に、会計学の理論が必要なのです。

 

2.会計学の理論はなぜ勉強するのか

会計学の理論はなぜ勉強するのか

 

会計学の理論自体は、基準をつくるために必要です

 

ですが、それは私たちの勉強するべき理由ではありません。

 

ますたん
私達はそれを利用して「財務諸表」を作成するために勉強するのです♪

 

「財務諸表」を作成するためには、複式簿記を利用して会計帳簿を作らなければならず、その為に会計学の理論を勉強しなければなりません。

 

また、理論と言っても結果としての会計処理の方法のみでなく、なぜそうなるのか理由が必要なのです。

 

3.会計学の理論を効率的に勉強する視点【3選】

会計学の理論を効率的に勉強する視点【3選】

 

会計学の理論を効率的に勉強する視点【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.論点別に勉強

論点別に勉強

 

先ずは、論点別に勉強することです

 

ますたん
勉強で大切なのは、分からないところは飛ばすことです♪

 

ですが、会計学の理論はそうとも限りません。

 

なぜなら、普遍的な考え自体は共通していても、個別の考え方が存在するからです。

 

ですから、分からない所があればその論点内で飛ばすなど、論点別で勉強していくことが効率的です。

 

3-2.背景を知る

背景を知る

 

次に、背景を知ることです

 

必ず、基準があるならそうなった背景があります。

 

例えば、以下のことです

・世界的な動向に合わせるため

・実務的な背景

・今までの基準と矛盾がないように

 

つい、その内容のみに視点がいってしまいがちですが、その背景はを知ると理解が深まり難しく感じないでしょう。

 

ますたん
ですから、しっかり理解するよう努める必要が有るのです♪

 

3-3.今どうなっているのか

今どうなっているのか

 

最後に、今どうなっているのかです

 

ますたん
会計学の理論自体は、色々な理由から色々な考え方があります♪

 

ですが、基本的に1番大切なのは今どうなっているかです。

 

試験でもそこが問われる可能性が高いのです。

 

なぜなら、今1番正しいと考えられている方法だからです

 

会計学は、あくまでも相対的であり時代によって変化することも、頭の片隅に置いておきましょう。

 

まとめ

 

会計学の理論を効率的に勉強する視点【3選】

・論点別に勉強

・背景を知る

・今どうなっているのか

 

ますたん
このように、会計学を効率的に勉強するのには大切な視点があります♪

 

その視点を頭に入れながら勉強を行うのと、やみくもに勉強するのでは大きな違いがあります。

 

色々な考え方を論点別に勉強して、色々な考え方を知りましょう。

 

その上で、今どうなっているのかを時代背景と共に抑えると効率的な勉強になります。

 

では、今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-(Financial accounting) 財務会計, Accounting(会計)
-, ,

© 2022 masutannblog