(Financial accounting) 財務会計 Accounting(会計) Bookkeeping(簿記)

お勧めできる簿記の勉強の仕方【3選】

 

 

簿記の勉強の仕方は人それぞれ様々です。

 

ますたん
絶対にこの方法が良いというわけではありません♪

 

ただ、ある程度勉強の仕方を知っておくと最短距離で進んでいけるでしょう。

 

結論

結論から言えば、一般的な勉強をされて自分の勉強の仕方に取り入れて、確立していく必要があります。

 

1.簿記の勉強の仕方

簿記の勉強の仕方

 

簿記の問題は試験により様々な出題が見られます♪
ますたん

 

それぞれの試験に適合した勉強の仕方が望ましいです。

 

ますたん
一方でどの試験においても、点数が与えられる箇所は大体似ているでしょう♪

 

そこから逆算して勉強の仕方を考えていくのが有効です。

 

2.正しい方法

正しい方法

 

絶対にこの方法だけ行っていけば間違いないという勉強の仕方は残念ながらありません♪
ますたん

 

人にとって適合している方法であったとしても自分には向いていないかもしれないからです。

 

ますたん
人の勉強の仕方を参考にしながら自分の勉強の仕方に取り入れていきましょう♪

 

試しながら勉強していけば、自分にとって最強な状態が出来てくるはずです。

 

3.お勧めできる簿記の勉強の仕方【3選】

お勧めできる簿記の勉強の仕方【3選】

 

お勧めできる簿記の勉強の仕方【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.勘定や財務諸表の数字

勘定や財務諸表の数字

 

先ずは、勘定や財務諸表の数字です

 

試験で出題されやすいのが、やはり最終数値と言えます♪
ますたん

 

つまり、簿記でいえば勘定や財務諸表です。

 

財務諸表

・貸借対照表

・損益計算書

・株主資本等変動計算書

・キャッシュフロー計算書

 

勘定

・損益勘定

・残高勘定

 

これらにくる数字について考えていくのが1番大切です。

 

ますたん
中でも「貸借対照表」については、決算時点における金額を記載します♪

 

つまり、直接算定できる場合もあるので、点数は一番取りやすいことも多いです。

 

3-2.仕訳を頭で思い描く

仕訳を頭で思い描く

 

次に、仕訳を頭で思い描くです

 

簿記の基礎はやはり仕訳と言えます♪
ますたん

 

制限時間がある以上仕訳を書いている暇がないことも多いです。

 

ますたん
一方で仕訳が書ければ理屈上はほとんどの問題が解けるはずでしょう♪

 

ゆっくりでも仕訳が書けるように練習していき、最終的には数字だけを覚えるようになっていくことが大切です。

 

3-3.「なぜ?」の視点

「なぜ?」の視点

 

最後に、「なぜ?」の視点

 

問題を迅速に解いていくためには、機械的に行うことも重要です。

 

一方で機械的な解き方は応用が効かないというデメリットもあります♪
ますたん

 

本来であれば内容を理解しながら解き方を覚えていくのが理想です。

 

ですが、分からなくても解けたほうが点数にはなるので、解き方を覚えていき、出来れば理由も押さえておきましょう。

 

結論:アウトプットから逆算

 

お勧めできる簿記の勉強の仕方【3選】

・勘定や財務諸表の数字

・仕訳を頭で思い描く

・「なぜ?」の視点

 

いずれにしても簿記は、資格が重視されます。

 

ますたん
実務で利用するだけでなければ、資格で点数を取ることを1番に考えましょう♪

 

理解しているのにも関わらず、本試験が解けないから資格取得ができない状況を避けることが大切です。

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-(Financial accounting) 財務会計, Accounting(会計), Bookkeeping(簿記)
-,

© 2022 masutannblog