Bookkeeping(簿記)

簿記と一緒に学ぶと相乗的に役立つ勉強【3選】

 

 

ますたん
簿記の勉強は単体でも有用です♪

 

ですが他の勉強と一緒に学ぶことで最強の資格と言えます。

 

参考

結論から言えば、簿記の性質に合った勉強を一緒に学ぶと良いでしょう。

 

1.相乗的に役立つ勉強とは

相乗的に役立つ勉強とは

 

資格を学ぶ場合には、簿記単体の知識があれば合格可能です。

 

ですが実際には簿記だけでなく実務で必要としている資格の勉強をなどをしていく必要があります。

 

一緒に勉強していくことで相乗的に知識が深まっていくのです。

 

関係のない勉強を行っても意味がないので、有用な勉強を知っておくと良いでしょう♪
ますたん

 

2.簿記の性質

簿記の性質

 

ますたん
簿記の性質は、取引などの記録にあります♪

 

法人や個人事業主が行った取引について、記録を行うのです。

 

具体的にはどのような業務を行うのかによりますが、会計との関連性が強い勉強をしていくと良いでしょう♪
ますたん

 

実際に顧客の悩みに応えられるような知識があると、知恵として利用できます。

 

3.簿記と一緒に学ぶと相乗的に役立つ勉強【3選】

簿記と一緒に学ぶと相乗的に役立つ勉強【3選】

 

簿記と一緒に学ぶと相乗的に役立つ勉強【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.税務

税務

 

先ずは、税務です

 

税金関係の勉強に関しては、簿記には必須と言えます。

 

また、簿記による記録を行っていない方は正しく税金が納められているか不明です。

 

おすすめは、所得税法人税消費税でしょう。

 

ますたん
取引に関連したり、利益と似た概念である所得をもととした税金です♪

 

1ランク上の簿記の使い手になれます。

 

3-2.FP

FP

 

次に、FPです

 

FPは、会計事務所などに勤務したい方にとっては必須と言えます。

 

知識がなかったとしても問題はありませんがあるととても有利に進められるでしょう♪
ますたん

 

顧客に聞かれることは、大体勉強できます。

 

会計事務所でなくても、法人や個人事業主として取引を行う際に便利です。

 

さらに、サラリーマンとして雇用されている方にとっても必要な知識が詰まっています。

 

3-3.経営学

経営学

 

最後に、経営学です

 

取引を簿記によって記録するということは、継続企業のもと経営を行っています。

 

ますたん
簿記は確かに記録を行えば良いだけのものです♪

 

ですが実際には分析を行い、より良い経営へと変化させていく必要があります。

 

組織をどのようにつくっていくのか、目的設定と問題解決に関する知識が大切です。

 

結論:簿記関連の勉強を同時にしましょう

 

簿記と一緒に学ぶと相乗的に役立つ勉強【3選】

・税務

・FP

・経営学

 

実務で感じたことが、勉強した経験があるという方の多さと言えます。

 

確かに、勉強したことがあれば思い返せることが多いです♪
ますたん

 

ですが、一定量の勉強を何も見ずに応えられることが重要と言えます。

 

ますたん
知恵として利用できれば、顧客の悩みにも答えられるでしょう♪

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Bookkeeping(簿記)
-,

© 2022 masutannblog