Work out(筋トレ)

ボディメイクをする際に大切な視点【3選】

 

 

ますたん
あなたはボディメイクをしたいですか?

 

その場合には、出来る限り効率的に鍛える方法を知っている必要があります。

 

結論

結論から言えば、ボディメイクをする場合は通常の鍛える方法夏ボディメイク特有の考え方で鍛えていく必要があるのです。

 

1.ボディメイクとは

ボディメイクとは

 

自分がこうなりたいという体に向かって、体を作っていくことです

 

ですから、自分が思っている通りに体を出来る限り操作していく必要があります。

 

ますたん
通常の鍛えることや、痩せることよりも、人によっては難しいでしょう♪

 

なぜなら、がむしゃらにやるだけでは、筋肉はついたのに自分の思っていた体と違うという結果になりかねないからです。

 

2.ボディメイクと筋トレ

ボディメイクと筋トレ

 

ただ痩せたいと言う方に関しては、ダイエットはとても有効でしょう

 

ですか、有酸素運動ばかりして痩せて行った場合、人によっては細すぎる体に仕上がってしまうかもしれません。

 

どんな体になりたいかにもよりますが、筋トレは一緒に行っていくことが大切です。

 

というのも、ただ細いではなく筋肉がついていて引き締まっているというのが通常理想とされるかたが多いです。

 

ますたん
その場合には一定の筋トレを行っていく必要があると言えます♪

 

3.ボディメイクを行う上での視点【3選】

ボディメイクを行う上での視点【3選】

 

ボディメイクを行う上での視点【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.食事

食事

 

先ずは、食事です

 

ますたん
ボディメイクをする場合には食事について考えていく必要があります♪

 

痩せるための基準として簡単なのは摂取カロリーよりも消費カロリーが超えているかどうかです。

 

また、筋トレで筋肉も疲れてしまうためにタンパク質は通常よりも多く取る必要があります。

 

基本的にはバランスの良い食事を心がけ、その中でも運動によってカロリーも変化させるのは良いかもしれません。

 

ますたん
運動した日は少し多めに運動してない日は控えるなど自分で調整していきましょう♪

 

3-2.鍛える部位

鍛える部位

 

次に、鍛える部位です

 

鍛えるべき部位を間違うと、自分の理想としている体にはなりません。

 

ますたん
腹筋があるといいからと腹筋ばかりしているとします♪

 

すると、お腹周りが太くなるためごつい印象を与えます。

 

ますたん
そのような体を理想としていない方からしてみたら思ってもみなかったことでしょう♪

 

ですから、自分の理想としているからだと見比べて計画的に鍛えていく必要があるのです。

 

参考:【ボディメイク】鍛えるべき部位

 

3-3.高重量か低重量

高重量か低重量

 

最後に、高重量か低重量かです

 

ますたん
ゴツくて大きい筋肉にしていきたい方は、高重量低回数で速筋を鍛える♪

 

若干細めで引き締まっている筋肉にしていきたい方は、低重量高回数で遅筋を鍛える。

 

ますたん
色々な意見がありますが、個人的にはこの考えで行なっています♪

 

ですから、部位ごとによっても大きくしたい場所は高重量あまり大きくしたくない場所などは低重量と変えるのがおすすめです。

 

ただ、あまりにもバランスが悪いのはよくありませんから、ある程度全身を鍛えるように心がけていきましょう。

 

結論:ボディメイク特有の視点を大切にしましょう

 

ボディメイクを行う上での視点【3選】

・食事
・鍛える部位
・高重量か低重量

 

ますたん
このようにボディメイクを行う場合には、ただ筋トレやダイエットを行うのとはちょっと違う知識も重要です♪

 

中でも鍛えすぎないというのは特徴で、頭を使って計画的に行うというのが求められます。

 

ますたん
まずは自分の理想としている方の体を見てみましょう♪

 

そして自分に足りないものをつけたし、余分なものを省けばいいのに。

 

ますたん
そのような簡単な視点からボディメイクを継続していきましょう♪

 

では今回は以上です。
ご視聴ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

-Work out(筋トレ)
-, ,

© 2022 masutannblog