Think(考える)

勉強した知識を活かすためにするべきこと【3選】

 

みなさん勉強した知識を活かせていますか?

 

勉強したことはしっかり考えていかなければ活かしていくことはできないのです。

 

結論から言えば、勉強した知識を活かせる術を知っているかどうかで、大きくその効率に影響を及ぼしていきます。

 

そこで今回は以下のことについてご紹介していきます

 

1.勉強した知識を活かすとは

勉強した知識を活かすとは

 

学校や仕事の研修などで学んだことを、私生活や仕事に反映させることです。

 

例えば、以下のようなことです

・栄養学を学び食事内容を改善する

・Excelの使い方を学び表を作成する

 

このように、栄養学の知識を学びカップラーメンを食べていては意味がないのです。

 

2.なぜ勉強した知識を活かすのか

なぜ勉強した知識を活かすのか

 

人は勉強をしただけで分かった気になってしまいます。

 

ですが、勉強から得た知識を活かして初めて、知識を使えたことになります。

 

知識は無意識に活かされるレベルではなく、意識的に活かしていく必要が有るのです。

 

ですから、しっかり勉強を活かしていきましょう♪

 

3.勉強した知識を活かすためにするべきこと【3選】

勉強した知識を活かすためにするべきこと【3選】

 

勉強した知識を活かすためにするべきこと【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.アウトプットのインプット

アウトプットのインプット

 

先ずは、アウトプットのインプットです

 

アウトプットすることをインプットしていく必要が有るのです。

 

簡単に言えば、どうしたら活かせるのか模索することです♪

 

当たり前に思うかもしれませんが、意外と難しいことです。

 

なぜなら、なにをしたいかを考えることはあっても、なにができるのかを考える機会はあまりないからです

 

自分の学んだ知識を活かし、どのようなことが出来るのか考えましょう。

 

参考記事:【大切】アウトプットが重要な理由

 

3-2.自分の生活に照らす

自分の生活に照らす

 

次に、自分の生活に照らすことです

 

自分の生活と学んできた知識を照らし合わせてみて下さい。

 

直接的に利用できなくても、普遍的な部分で間接的に活かすことができるかもしれません。

 

生活に活かすことが出来れば、効率化が図れます。

 

どのようなところに活かせるのか模索してみましょう♪

 

3-3.発信してみる

発信してみる

 

最後に、発信してみることです

 

発信して色々なひとにその勉強の面白さや楽しさを伝えることができます。

 

これは、勉強に対する知識が無ければできないことです♪

 

人に伝えることで活かすことが出来ますし、知識は人に説明して理解が深まります。

 

その理解により次の知識の獲得へと繋げることができるのです。

 

まとめ

 

勉強した知識を活かすためにするべきこと【3選】

・アウトプットのインプット

・自分の生活に照らす

・発信してみる

 

このように、実際に勉強した知識を活かすことは意識していかなければできません。

 

色々な勉強を行うとともに、自分の勉強してきた知識が知恵として、どのような場面で活かせるのか考えていきましょう。

 

仕事は仕事、勉強は勉強ではありません。

 

過去に行われた仕事等のPDCAの結果を勉強しているのです♪

 

では、今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog