(Financial accounting) 財務会計 Accounting(会計) Bookkeeping(簿記)

簿記資格を短期に合格したいという方も多いです。

ですが基本的に短期で合格した知識はあまり役に立たないこともあります。

結論から言えば、短期で効率的に得点できるように詰め込んの知識は試験のみで役に立つので実務的に問題解決能力として発揮できることは少ないのです。

1.簿記資格を短期取得するとは

簿記資格は難易度により異なりますが、ざっくり考えて数ヶ月から数年かかると言えるでしょう。

ですが中には、数週間で合格される方もいるのです。

短期合格と聞くと、短期的に集中して勉強すれば取得できるならやってみようかなと思うでしょう。

『短期』は宣伝効果が高いと考えられるので、利用されることが多いです。

2.長期間勉強すれば良いのか

短期に勉強しても駄目なら長期間勉強すれば良いのかと通常は考えます。

ですが、ただ闇雲に長期的に勉強をすること良いこととは言えません。

大切なのは、内容を理解していれば短期でも長期でもどちらでも良いということです。

通常は短期的な勉強だと内容理解が浅くなり、しっかり理解して勉強をして行こうとすると長期間かかってしまうと言えます。

内容理解に努めると結果的に長期間かかってしまうのが通常なので、短期に合格しても意味がないということです。

3.簿記資格を短期に取得してもあまり意味がない理由【3選】

簿記資格を短期に取得してもあまり意味がない理由【3選】は、以下の通りです。

3-1.頻出論点

先ずは、頻出論点です

試験での頻出論点は、受験生が間違いやすい部分や引っ掛けやすい所が出題されやすいと言えます。

ですか、試験での頻出論点=実務での重要性ではありません。

つまり頻出論点を勉強して合格したとしても、それが直接役に立つかは微妙です。

役立てるためには出来る限りまんべんなく勉強していく必要があります。

3-2.問題が解ける

次に、問題が解けるです

試験勉強をしているとどうしても点数を追わなければいけません。

ですが、試験問題と同じ問題が実際に起こるとは限らないのです。

自分の頭の中にある知識を活かして問題解決していかなければなりません。

そのためには問題が解決できるレベルでは足りないのです。

3-3.知識の定着

最後に、知識の定着です

短期的に合格された方は合格した後もう一度受験しても理解できないという方も多いと言えます。

合格したということはそのレベルの知識があることを示しており、いつ受けても合格できる相応の知識をキープしなければ意味がありません。

短期的に合格してしまうと、どうしても知識が定着しておらず、継続的な勉強をしていない場合何も残らない可能性が高いです。

これに対して長期的に勉強している方は何度も教科書を見直し頭に知識として定着しています。

結論:丁寧な勉強でできるだけ短期

正直言って短期に合格すれば良いというのは名目上の話です。

実質的に考えれば、丁寧な勉強をしていかなければ意味がありません。

しっかり勉強していればある程度の時間がかかることはやむを得ず、長期になったとしても特に問題はないのです。

何より問題を理解する勉強を継続していくことがとても大切と言えるでしょう。

では今回は以上ですご視聴ありがとうございました

スポンサーリンク

-(Financial accounting) 財務会計, Accounting(会計), Bookkeeping(簿記)
-, ,

© 2022 masutannblog