Think(考える)

FP試験直前期に行うべきこと【3選】

 

 

ますたん
FPは多様な論点が出題されるため内容の理解が及ばず、試験直前期になって焦ってしまうことも多々あります♪

 

焦らず適切に対処していく必要があるのです。

 

結論

結論から言えば、試験直前だからといって特別なことはせずいつもと変わらないように過ごせば良いと言えます。

 

1.FP試験直前期とは

 

直前期と言っても様々考え方はありますが、試験日より1週間を切ってくれば誰しも直前であると考えるでしょう♪
ますたん

 

試験では問題を解かなくてはいけないので、そのための知識の定着が大切です。

 

ますたん
記憶は時間の経過とともに徐々に薄れてきてしまうので、試験直前期での勉強はとても有用なものと言えるでしょう♪

 

直前期に詰め込んだ内容はうろ覚えだったとしても問題が解けてしまうかもしれないので、直前期における勉強が合否を分ける可能性もあります。

 

2.直前期に行ってはいけないこと

 

理解の乏しい内容を増やすことはできる限り避けなければなりません♪
ますたん

 

通常試験では勉強範囲を広げるのは避けた方が良いと言われます。

 

FP試験では内容はそこまで深くないが範囲が広いのが特徴です♪
ますたん

 

覚えておくだけでも解けてしまうということを考慮すると、範囲を広げない方が良いとも言えません。

 

ただ闇雲に手をつけてなんとなくしか理解していない場合、出題されたとしても解けないばかりか、他の論点を忘れてしまう原因にもなりかねません。

 

ある程度問題が解ける理解度で範囲を広げていく必要があるのです。

 

3.FP試験直前期に行うべきこと【3選】

 

FP試験直前期に行うべきこと【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.ざっくり総復習

 

先ずは、ざっくり総復習です

 

なんといっても勉強してきた内容は頭に残りやすいと言えます。

 

ますたん
当然ですが日常的に勉強をしてきたことは必ず復習しておきましょう♪

 

ポイントはざっくりと行うことです。

 

あまりにも範囲が広すぎると1つ1つ丁寧に考えたとしても忘れてしまうかもしれません。

 

ふとした時に頭で考えてわからないところを見直すように、時間をかけすぎず復習としてはざっくり行いましょう。

 

3-2.間違いやすい論点

 

次に、間違いやすい論点です

 

問題を解いているとやはり間違いやすい論点があります。

 

自身でそれが分かれば復習が必要です♪
ますたん

 

間違えないように工夫して覚えていきましょう。

 

何度も確認を行えば自然と知識が定着してくるはずです。

 

3-3.体調管理

 

最後に、体調管理です

 

ますたん
体調管理を怠ると全てが台無しになってしまいます♪

 

無理をしなければいけないように感じますが、無理をしすぎると最高のパフォーマンスが発揮できないのです。

 

人間が一度に頭の中に入れられる知識量は限られていると考えられます。

 

今まで勉強してきた内容を忘れないように考えて、出やすい論点など勉強する程度にとどめましょう。

 

結論:特別なことはしない

 

特別なことをすることで体調を壊してしまったり、勉強内容が頭に残っていないのでは意味がありません。

 

普段と変わらない日常を過ごしながら、行動していきましょう。
ますたん

 

何より今までやってきたという自信を持って試験に臨むことです。

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(*^^*)

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog