(Financial accounting) 財務会計 Accounting(会計)

財務諸表論における計算問題を効率的に解くコツ【3選】

 

 

税理士の財務諸表論では計算問題も出題されます。

 

ますたん
理論がメインではありますが安易に考えていると痛い目を見るでしょう♪

 

計算問題を効率的に解けると優位に立てます。

 

参考

結論から言えば、普遍的な部分をしっかり抑えることが大切です。

 

1.財務諸表論における計算問題

財務諸表論における計算問題

 

財務諸表論では理論がメインと言っても過言ではありません。

 

ここまで理論がガッツリ問われる試験は、多くないでしょう♪
ますたん

 

ただし、問3では計算問題も出題されます。

 

理論に時間をかけすぎてしまうと計算問題を解いている暇が無くなってしまうのです。

 

2.他の簿記科目との比較

他の簿記科目との比較

 

他の簿記科目と比較していくと、そこまで難しいレベルではありません。

 

ますたん
これは、似たような問題が繰り返し出題されているからです♪

 

財務諸表論における計算問題は比較的努力が実りやすいかもしれません。

 

しっかり勉強していれば着実に点数が上がることからモチベーションも管理しやすいことでしょう。

 

3.財務諸表論における計算問題を効率的に解くコツ【3選】

財務諸表論における計算問題を効率的に解くコツ【3選】

 

財務諸表論における計算問題を効率的に解くコツ【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.基礎

基礎

 

先ずは、基礎です

 

似たような論点が繰り返し出題されている印象を受けます。

 

ただし、その中でも応用をきかせている部分が出題されていることも多いです♪
ますたん

 

その中には考えてもわからない出題もあります。

 

ますたん
知らなければ解けない問題の場合、考えても解答にたどり着くことをは限りなく低いでしょう♪

 

このような問題を一つ一つ覚えていくのは容易ではありません。

 

あくまでも、基礎が大切ということを頭にもう一度入れておきましょう♪
ますたん

 

3-2.パターン

パターン

 

次に、パターンです

 

完璧に同じではないにしてもパターンとして認識できる部分もあります。

 

ますたん
正直言って全く理解していなくても解けてしまうこともあるくらいです♪

 

機械的に覚えている部分は応用は効きません。

 

ただし、試験という緊張状態にある中問題を解いていく場合には、機械的に解ける状況はすごく強いです。

 

頭で理解して解けるようになる前にパターンとして体に叩き込みましょう。

 

3-3.表示

表示

 

最後に、表示です

 

財務諸表論というだけあって、財務諸表にどのように表示するのかは大切な論点かもしれません。

 

何の勘定科目でどのような仕訳を行うのかが分かり、集計まで完璧に行えたとしても、点数が取れない危険があります。

 

また、長短の分類が必要な科目は要注意です。

 

このような表示で点数を落としてしまうもったいない失敗は無くしていきましょう♪
ますたん

 

結論:普遍的な部分、特徴をしっかり押さえる

 

財務諸表論における計算問題を効率的に解くコツ【3選】

・基礎

・パターン

・表示

 

財務諸表論における計算問題は特殊と言えます。

 

ますたん
やはり、税金が重視されていることはもちろんのこと、パターン化している部分もそこそこ見受けられるでしょう♪

 

理論と計算どちらも僕には意外と時間が足りなくなることも多いです。

 

実践的に日々特訓を積んでいく必要があるでしょう♪
ますたん

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-(Financial accounting) 財務会計, Accounting(会計)
-,

© 2022 masutannblog