Accounting(会計)

【かんたん】原価率とはなにか?計算方法と原価率を考える際に注意したいこと【3選】

 

 

ますたん
原価率と聞くと経営を学んだことない方はピンとこないですよね♪

 

勉強している方でもざっくりしか把握していないことが多いです。

 

結論

結論から言えば、原価を把握することで他社との比較が可能となり、早期に改善を図っていくことが出来るようになるのです。

 

1.原価率とは

原価率とは

 

ますたん
原価率とは、基本的に売り上げた金額に対する原価の比率です♪

 

ですから基本的に原価は、売上原価のことを指しています。

 

仕入れている場合には、売った商品の金額の仕入れた金額のことです

 

ですが、作ったものをすべて売っている場合には在庫が残らないですよね。

 

その場合には、製造した原価を指す場合も考えられます。

 

2.原価率の計算方法

原価率の計算方法

 

原価率の計算方法は、至って簡単です。

 

原価率の計算方法は、以下の通りです

原価÷売上

 

これだけなので、超簡単で一回聞けば忘れることはないですよね。

 

ますたん
実際に細かいことを考えると分からなくなりがちです♪

 

ですが、このシンプルな構造は忘れないで覚えておきましょう。

 

3.原価率を考える際に注意したいこと【3選】

原価率を考える際に注意したいこと【3選】

 

原価率を考える際に注意したいこと【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.労務費や経費

労務費や経費

 

先ずは、労務費や経費です

 

商品を製造している場合には、商品だけの金額が原価ではありません。

 

ますたん
その製造にかかった労務費や経費も原価に含まれることに注意が必要です♪

 

原価と聞くと材料の仕入れ価格なのではと思ってしまいがちです。

 

ですが、その製造に携わっている方の給料やその他費用も原価に入ることを忘れないようにしましょう。

 

3-2.競業他社

競業他社

 

次に、競業他社です

 

原価を計算できれば、自分の会社の商品が他と比較してどうなのかが分かります。

 

原価率と言った場合にはすべて同じように表されることが多いです。

 

ですが、実際には事業の形態は様々で比較対象になりません。

 

ますたん
比較する際には、基本的に同じ事業形態の競業他社を比較するようにしましょう♪

 

3-3.販売費及び一般管理費

販売費及び一般管理費

 

最後に、販売費及び一般管理費です

 

この呼び方は会計の専門用語かもしれません。

 

ですが、実際には販売にかかった費用や日常的に行う業務上でかかった費用を言い、簡単です。

 

商品を売って利益を得ているだけではダメなのです。

 

ますたん
これらの費用までを総合的に考えていきましょう♪

 

原価率=原価÷売上 シンプル is ベスト

 

原価率を考える際に注意したいこと【3選】

・労務費や経費

・競業他社

・販売費及び一般管理費

 

原価率は、計算出来てどのようなものなのかは大切です。

 

ますたん
ですが、経営を考える場合にはそれだけではないことも分かっておきましょう♪

 

利益率や経営の方法など、総合的に考慮するためには勉強が大切です。

 

日々コツコツ積み重ねていくことが必要不可欠なのです。

 

では、今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Accounting(会計)

© 2022 masutannblog