Think(考える)

Webライターになるためのポイント【3選】

 

 

ますたん
Webライターという言葉を耳にしたことはあっても、具体的な内容を知る方は少ないと言えます♪

 

仕事にしてみたいなと感じた方は、是非なるためのポイントを把握していきましょう。

 

参考

結論から言えば、クラウドワーキングサービスなどを利用して、確実に収入を得ることが先決です。

 

1.Webライターの仕事

Webライターの仕事

 

Webライターのメインの仕事はWeb上で文章を執筆することです。

 

難しく感じるかもしれませんが、案件により区々と言えます。

 

自身ができそうなジャンルや単価で受注をしていくことが大切です。

 

無理せず一歩ずつ着実に進めていきましょう♪
ますたん

 

2.Webライターになるためには

Webライターになるためには

 

Webライターに特段資格は必要ありません。

 

ますたん
『今日自分はWebライターになった』と決めれば良いだけです♪

 

ただし得意なジャンルや資格を取得していると受注できる仕事の幅は増えます。

 

得意ジャンルを決めたり、取得してみたい資格がある場合にはチャレンジしてみると良いでしょう♪
ますたん

 

3.Webライターになるためのポイント【3選】

Webライターになるためのポイント【3選】

 

3-1.クラウドワーキングサービスの利用

クラウドワーキングサービスの利用

 

先ずは、クラウドワーキングサービスの利用です

 

クラウドワーキングサービスは簡単に言ってしまえば仕事を発注する人と受注する人の仲介業者と言えます。

 

ますたん
案件がたくさん載っているので自分に合った仕事を探すことができるでしょう♪

 

ただし一般的には『応募』をして発注者が良いと思われるWebライターに発注を行います。

 

つまり、良い仕事を見つけたとしても受注できるとは限りません。

 

3-2.受注してみる

受注してみる

 

次に、受注してみるです

 

仕事を受注するにはとても勇気がいるでしょう♪
ますたん

 

わからないことだらけで初めはドキドキしてしまうかもしれません。

 

でも、しっかりしている業者であれば、テンプレートなどをくれるのでその通りに文章を執筆すれば良いです。

 

何より誠実に質問をしながら執筆していけば大きなミスをすることはないでしょう。

 

ますたん
締め切りに余裕がある案件を受注すれば、検索しながら執筆していけるのでそこまで心配は要りません♪

 

初めの案件が受注できるかできないかで今後のWebライターとしての生き方が大きく変化します。

 

3-3.CMS

CMS

 

最後に、CMSです

 

CMSはより簡単にサイトをを作成運営していけるものと言えます♪
ますたん

 

具体的には『WordPress』を利用して、記事を書いてくれと依頼されることも多々あるのです。

 

ますたん
もし使い方がわからなければ、聞きながら検索しながら行えばよいでしょう♪

 

心配だという方は、納品方法が『word』などになっているものを選択すれば良いです。

 

結論:仕事を受注すればあなたもwebライター

 

Webライターになるためのポイント【3選】

・クラウドワーキングサービスの利用

・受注してみる

・CMS

 

一般的には仕事を行いたいかをもらっていれば、胸を張ってWebライターとして名乗れるでしょう♪
ますたん

 

『Chatwork』や『Slack』は連絡手段とすることも多いので入れておくことが吉です。

 

ますたん
とにかくなるにはどうしたら良いかを考えることよりもなってしまえば良いと言えます♪

 

日々成長していきましょう。

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog