Think(考える)

【重要】お金を使うのに大切な考え方【3選】

 

 

 

ますたん
お金を持っていると聞くと沢山お金が入ってきていると考えがちです♪

 

ですが実際には、収入は少ないのにお金を持っていると言う方も多くいます。

 

結論

結論から言えば、収入が少なくても使わなければある程度のお金持ちには慣れますが、収入と支出のバランスを考えて、倹約家になるのが大切です。

 

1.お金持ちとは

お金持ちとは

 

お金持ちとは基本的には銀行に多額の預金をしていたり、家に大金を持っている場合を言います。

 

金融商品に投資をしている場合も、一般的にはお金持ちと言えるでしょう♪
ますたん

 

土地や家等の固定資産を保有していれば、間接的にお金を持っているのと同様です。

 

このように、お金を持ちと言っても様々な感覚がありますが、一般的にはお金持ちと考えられます。

 

2.倹約家とケチ

倹約家とケチ

 

お金を持っている方には、様々な種類がいます。

 

例えば、以下の種類です

・お金を遣わない(倹約家、ケチ)

・収入が多い

・相続で受け取った

・宝くじが当たった

 

相続や宝くじ等の自身でどうにもできない場合は勿論、単純に収入を増やすにはある程度の勉強が必要です。

 

ますたん
一番実践的なのはお金を遣わないのが重要ですが、単純にお金を遣わないのはNGと言えます♪

 

なぜなら、お金は遣う為にあるので遣わないお金は安心しか与えてくれないからです。

 

ケチにならずに倹約家になり、ある程度お金を遣っていく意識が大切と言えます。

 

3.お金を使うのに大切な考え方【3選】

お金を使うのに大切な考え方【3選】

 

お金を使うのに大切な考え方【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.固定費の節約

固定費の節約

 

先ずは、固定費の節約です

 

固定費とは会社においてはある程度固定的に発生する費用を言います。

 

つまり、水道光熱費等は使えば使うだけ発生するので変動費と捉えられがちですが、生活に不可避的な出費ですので固定費とも捉えられます。

 

ここで大切なのは、生きているにあたって毎月かかってくるお金を固定費として考えていきましょう。

 

その概念で括られた固定費をできる限り減らしていくのが重要です♪
ますたん

 

3-2.計画を立てる

計画を立てる

 

次に、計画を立てるです

 

何歳でいくらの出費が想定できるかライフプランを立てるのが重要と言えます。

 

ますたん
出費が確定しなければ闇雲に貯金を続ける必要が出てくるのです♪

 

偶発的な事象は考えたらきりがありませんので、想定できる範囲で考えていきましょう。

 

子孫の為に死ぬほどの余裕資金を貯めておくと考えない限り大体の想定が出来ます。

 

貯めておく必要のあるお金が分かれば後は遣っても大丈夫なのです。

 

3-3.相場を知る

相場を知る

 

最後に、相場を知るです

 

お金を遣うのが大切というのには相場を知れるのが大きいと言えます。

 

人は教科書で学んだ知識と実際に体験をした知識では後者が圧倒的に頭に残ります。

 

体験をしながら金銭感覚を身につけていき、積極的に使っていくのも重要と言えます。

 

相場を知る意識でお金と向き合っていきましょう♪
ますたん

 

まとめ

 

お金を使うのに大切な考え方【3選】

・固定費の節約

・計画を立てる

・相場を知る

 

お金は大切だけど貯めても安心感しか得れません。

 

ますたん
ただ使い方を間違えばあまり意味のない出費をしてしまう場合もあります♪

 

どのように使えば良いのかについて考えながら余裕資金は積極的に使っていきましょう。

 

では、今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog