Think(考える)

【ライター必見】文章で気をつけるべき基本的なこと【3選】

 

文章を書いたことのない人にとって、文字を書くことすら難しいです。

 

ますたん
自分には書くことができないと思いますよね?

 

でも文章を書いていくにしたがって少しずつかけるようになってくるので安心してください。

 

結論

結論から言えば、文章の構成がしっかりしていれば、後は基本的なことを抑えるだけで、ある程度の質を保った文章を書いていくことができます。

 

1.文章で気をつけるべきこととは

文章で気をつけるべきこととは

 

文章で気をつけるべきことは、何より読みやすさです

 

文章を書くというのは基本的に相手のいることですので読み手の気持ちを考えて書きましょう。

 

ますたん
ですから読み直すことも大切です♪

 

書いているときは書くことに集中しているので客観的に1度通して読んでみて判断していきましょう。

 

2.気を遣わない文章

気を遣わない文章

 

日記などに文章を書く場合は気をつける必要ありません

 

なぜなら読み手が自分であり、大切なのはその日に何があったか思い出せることだからです。

 

ますたん
主観的な自分の感情などを書くこともとても有効でしょう♪

 

ですが、人が読む文章というのはそれなりのルールに従って行かなければなりません。

 

基本的なことを押さえてしっかり支えていく必要があるのです。

 

3.文章で気をつけるべき基本的なこと【3選】

文章で気をつけるべき基本的なこと【3選】

 

文章で気をつけるべき基本的なこと【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.指示語

指示語

 

先ずは、指事語です

 

『こそあど』というのを聞いたことがありますか?

こそあど

・これ、それ、あれ、どれ

・この、その、あの、どの

 

これらの頭文字を取ってこそあどと呼びます。

 

ますたん
通常は別に使っていけないことはありませんが人に読んでもらう文章の場合には気をつけなくてはいけません♪

 

なぜなら、基本的にはなくても文章が成立しますし、分かりづらくなってしまうこともあるからです。

 

絶対に入れていけないことはないですが、あまりにもくどいように感じた場合には削ってみることも手です。

 

3-2.推察

推察

 

次に、推察です

 

ますたん
~でしょう等の表現は適時適切に利用しましょう♪

 

なぜなら自分の伝えたい内容に関して、~でしょうと言うと信頼性に乏しい情報に聞こえるからです。

 

相手の意見に関して~でしょうというのは言えます。

 

ですが自分の発信したい事でしたら出来る限りなくした方が良いです。

 

3-3.可能性

可能性

 

最後に、可能性です

 

ますたん
~かもしれません等の表現は使いたくなりますよね♪

 

絶対というのがない以上、可能性を残した方が適切だからです。

 

ですがこの可能性に関しても、注意しなければいけません。

 

こちらも推察することと同様、本当にわかって言ってるのかという疑念が生じるからです。

 

ますたん
出来る限りなくせるよう、自信をつけて書きましょう♪

 

結論:読みやすいを意識すること

 

文章で気をつけるべき基本的なこと【3選】

・指示語

・推察

・可能性

 

こそあどに関しては注意するだけで、文章が読みやすくなります。

 

ますたん
推察や可能性などの場合には、適時適切に利用することは嘘をつかないために大切です♪

 

ですがあまりに多い場合には、信頼性のある情報と思ってもらえないこともあります。

 

ますたん
ですから、検索して間違ってないと思うような事に関してはしっかり言い切りましょう♪

 

そうすることで読み手側も読みやすい文章として受け入れることができるのです。

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog