Think(考える)

Webライターはオワコンなのか?【結論:必要】

 

 

ますたん
Webライターは時にオワコンと言われます♪

 

では本当に Web ライターはオワコンなのでしょうか?

 

結論

結論から言えば、闇雲に行えばオワコンですが、効率的に行えば希望はあります。

 

1.Webライターオワコン説

Webライターオワコン説

 

Webライターはオワコンという流れがあります♪
ますたん

 

ただこれはどの業界にも流れる考え方です。

 

確かに、大金を稼ごうとする場合には時代の先端を行く必要があるかもしれません。

 

ただある程度の生活費を稼ごうとする方にとって、保守的な考え方であり現実とも考えられるのです。

 

2.オワコンという主張

オワコンという主張

 

ますたん
ではなぜオワコンという主張が出てくるのでしょうか?

 

Webライターは文章を執筆していく仕事であり、文字単価数円で基本的には受注します。

 

数円というお金は昨今では何も買えないと言っても過言ではない金額です♪
ますたん

 

この積み重ねにより稼ぐ方法は、気の遠くなる作業のように感じます。

 

また、働き方が多様になってきているので、自身で稼ごうとしている方が増えてくるのです。

 

そんな時に、Webライターを始めたとしても、良い契約が取れず、稼げないかもしれません。

 

ますたん
このような内容から、飽和状態にあるWebライターはオワコンと言われるようになったのです♪

 

3.Webライターはオワコンなのか?【結論:必要】

Webライターはオワコンなのか?【結論:必要】

 

Webライターが必要ないかと言われれば、絶対に必要と言えます♪
ますたん

 

AIにより文章が作成されるようになったとしても、人が書いている文章を完璧に書けるようになるのはまだ先でしょう。

 

ますたん
文章を書くことは誰にでもできる簡単に感じますがそうでもありません♪

 

実際には調子などもあり、文章を論文のように綺麗にするだけでは足りないのです。

 

ターゲットによって文章の堅さも変える必要があり、若者に向けて堅い文章を書いたとしても読まれないことも多いと言えます

 

普段は敬遠されがちな砕けた文章が若者には受けるのです。

 

また、収入面で見ても総合的に考えて執筆していけば、生活できるくらいは誰でも稼げるようになります♪
ますたん

 

LP等売れる文章を書ける方はさらに重宝されるようになるのです。

 

結論:必要

 

オワコンかどうかという主張は、個人の意見であり否定すべき部分ではありません。

 

ますたん
ただ客観的に、必要であるとは言えるでしょう♪

 

いくら専門性を高めたとしても文章をかけるかはまた別の話です。

 

自分の気持ちを文章で表現できるWebライターは個人的にはオワコンではないと思います。

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-,

© 2022 masutannblog