Think(考える)

仕事でミスをしない人の特徴と方法【3選】

 

あなたは仕事でミスをしてないと言えますか?

 

仕事でミスをしない人なんていませんが、減らすことは出来るんです。

 

結論から言えば、何を行動すれば良いかがしっかり理解し、さらにその通り行動出来たか念入りに確認していれば、ミスは防げます。

 

そこで今回は以下のことをご紹介していきます

 

1.仕事でミスをしないとは

仕事でミスをしないとは

 

仕事でのミスをしないと言っても冒頭で申し上げた通り、しない人なんて居ませんから減らすことを指しています

 

仕事でのミスは場合によっては重大なミスに繋がることがあります。

 

そのような大きなミスは小さなミスの積み重ねで起きることが多いのです♪

 

重大なことであればあるだけ、会社ではチェックをするでしょうから、大きなミスには繋がりません。

 

ですが、小さなミスをつくらないように個人レベルでも注意していく必要が有るのです。

 

2.仕事でミスをしない人の特徴

仕事でミスをしない人の特徴

 

簡単に言えば、仕事でミスをしない人は確認がしっかりしているのです♪

 

この対義語に「自分で確認する」と言うのがあります。

 

自分で確認できるようなことなら良いですが、会社で行っていることは会社の人しか分からないことが多々あります。

 

これは、試験でも同様で試験内容は発表されているのに、聞きにいくとさらに詳細な情報が分かります。

 

それはなぜでしょうか

試験内容 2頁~150頁まで

 

このように表示していても、実際には細かく頭で決まっている場合があるからです。

 

例えば、以下のようなことです

・15頁~17頁の例題は出さない

・論点は出題しない

 

このような情報は実際に聞きにいかなければ分からない上、相手側も別に隠しているわけでもありません。

 

仕事もこれと同様で、確認作業を徹底している人はミスを減らすことが出来るのです。

 

3.仕事でミスをしない方法【3選】

仕事でミスをしない方法【3選】

 

仕事でミスをしない方法【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.何をするか計画

何をするか計画

 

先ずは、何をするか計画をすることです

 

事前になにをするか計画してみましょう♪

 

計画する段階で色々な人に確認をとり、計画に落とし込みます。

 

そうすることで、なにを行動すればよいか方向性が決まります。

 

紙に書いたり、パソコンに打ち込んだり、計画を立てましょう。

 

3-2.合っているか確認

合っているか確認

 

次に、合っているか確認することです

 

報告・連絡・相談です♪

 

行動段階での確認を怠ると、大きなミスに繋がります。

 

実際に1番行わないことではありますが、本当は大切なことなのです。

 

堅苦しく行う必要はありませんが、適度なタイミングで確認をしていきましょう。

 

関連記事:報連相とおひたし【コツ】

 

3-3.計画通り出来ているかチェック

計画通り出来ているかチェック

 

最後に、計画通り出来ているかチェックすることです

 

計画通り出来ているかチェックをしってミスが発覚すれば、直ぐに直せます。

 

ミスをしないないし減らすためには、起きた時の対処も大切です♪

 

そうした時に、行った対処の積み重ねでミスが起きない状態は生まれていきます。

 

また、計画通り行えるようになれば必然的にミスは減ります。

 

ミスを見付けるためにも、無くして減らしていくためにもチェックしましょう。

 

まとめ

仕事でミスをしない方法【3選】

・何をするか計画

・合っているか確認

・計画通り出来ているかチェック

 

仕事でミスをしない方は、確認作業が徹底します♪

 

ですから、それを真似していく必要が有るのです。

 

バカに思われるようなことでも確認した方が良いと思えば、迷わず確認してみましょう。

 

そうすることで、徐々にミスを減らしていくことが出来るのです。

 

では、今回は以上です♪

ご視聴ありがとございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog