Think(考える)

アウトプットをインプットする勉強法【3選】

 

勉強は最終的に現実として活かす必要があります♪

 

その為には、頭に入れる作業だけではいけないのです。

 

結論から言えば、アウトプットすることを意識して勉強することにより、しっかり実践して活かすことが出来るようになるのです。

 

 

1.アウトプット重視の勉強法とは

アウトプット重視の勉強法とは

 

勉強自体は基本的にインプットです

 

ひとつひとつ覚えていきますよね。

 

ですから、より実践的な勉強に変えていくのです♪

 

勉強の段階からアウトプットを意識していけば、アウトプットしやすくなります。

 

言い変えれば、アウトプットのインプットが出来るようになるわけです。

 

2.なぜアウトプットを重視なのか

なぜアウトプットを重視なのか

 

インプットしたことを活かせている人は実際にはあまりいません

 

勉強したことは勉強したこと、現実は現実になっている方が多いでしょう。

 

しかし、実際は現実に活かせるように勉強をしてきているわけです。

 

その勉強をしっかり理解していないと現実に活かすことは出来ません。

 

ですから、現実により近いところで覚えていく必要が有るのです♪

 

その為には、原理原則だけでなく、どのように現実にその知識が利用されているかが大切なのです。

 

3.アウトプットをインプットする勉強法【3選】

アウトプットをインプットする勉強法【3選】

 

アウトプットをインプットする勉強法【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.現実にどのように利用されているか

現実にどのように利用されているか

 

先ずは、現実にどのように利用されているかです

 

勉強したことが机上の空論に終わらないように、どのように現実世界で利用されているのかを学びましょう。

 

こんな方程式誰が利用するの?

 

と思って勉強する方は多いですが、殆どの勉強は現実に利用しているから学ぶわけです。

 

逆に、利用していなければ現実で今後利用される可能性があるから学わけです。

 

いずれにしても現実を基準に学んでいきましょう。

 

3-2.教科書より問題

教科書より問題

 

次に、教科書より問題です

 

教科書はインプット要素が強いので、問題を大切にしましょう♪

 

正直言って教科書はそのアウトプットの繰り返しの内重要とされていることが、載っているわけです。

 

現実に行って失敗して訂正してを繰り返してきた中から確からしいことが、載っているからです。

ですが、それは過去の話であり今では当然になり過ぎてしまっていることも多くあります。

 

また、人はしばらくすれば忘れてしまいます

 

ですから、ある程度覚えたら問題を解いて、実践的に覚えていく必要があるわけです。

 

問題には、重要な論点や要点が入れられています♪

 

その問題解決能力が実際には役立つわけです。

 

3-3.稼げるように学ぶ

稼げるように学ぶ

 

最後に、稼げるように学ぶ

 

稼げることは絶対ではありませんが、重要です♪

 

人は、必要と感じることにお金を払います。

 

ですから、資本主義社会において人がお金を払うと言うことはその部分が大切だと思っていることを表しています。

 

そこを勉強段階から意識して勉強していきましょう。

 

まとめ

 

アウトプットをインプットする勉強法【3選】

・現実にどのように利用されているか

・教科書より問題

・稼げるように学ぶ

 

このようなことを意識して勉強していくことでアウトプットしやすくなります。

 

インプットのみしている勉強法だと形式的な勉強法になってしまいます♪

 

正直、テストの点数などどうでも良いのです。

 

一番大切なのは人の役に立つことを考え、そこに対して自分の学んだことをどのように活かしていけるかが重要です

 

では、今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog