(Financial accounting) 財務会計 Accounting(会計) Bookkeeping(簿記)

日商簿記1級・全経上級におすすめの【1冊】

 

 

ますたん
簿記は難しくなるに従って、知識を広げたくなります♪

 

ですが広げすぎることで忘れてしまうことも多々あるのです。

 

結論

結論から言えば、覚えるべき知識を絞り、正確に普遍的な部分を覚えておくことが大切と言えます。

 

1.コアトレ

 

コアトレーニングというこちらの本を利用するととても理解が深まります。

 

筆者もずっと愛用してきたので、自信を持っておすすめできる一冊です。

 

個人的には、他のテキストを辞書のようにして併用する使い方が良いと考えています。

 

ますたん
こちらの本を常に持ち歩き、読んで忘れないようにしていきましょう♪

 

2.知識を広げすぎない

 

簿記は難しくなるにしたがって、細かいところがたくさん出てきます

 

そういった細かいところはあまり利用しないばかりか、理解しづらい所が多いのです。

 

傾斜配点などがあったりする試験もあるので、基本的にはみんなが解けるところを解けるように確実性を高めていく方が大切だと言えます。

 

あまり知識を広げすぎず普遍的な部分を覚えるのに今回紹介する本は適しているのです。

 

3.コアトレーニングがおすすめな理由【3選】

 

コアトレーニングがおすすめな理由【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.無駄なことが書かれていない

 

先ずは、無駄なことが書かれていないことです

 

必要な知識は正確に書かれていますが、細かいことは書かれていません。

 

ますたん
逆を返せば、物足りないと感じる方もいるでしょう♪

 

ただ、基本が分からなければ応用は解けません。

 

基本的なものを端的に抑えていくためにはとても重要なところが載っているのです。

 

3-2.実践的

 

次に、実践的です

 

ますたん
教科書は解くというよりもその内容が明確に書かれていることが多いです♪

 

取引事実が明確に書かれすぎていることにより特にやたって無駄な知識が多いとも考えられます。

 

内容を正確に理解していくことはとても重要です。

 

ただあまりにも覚える量が多かったり、初学者の方は端的にまとめて覚えていくことが大切と言えるでしょう。

 

ますたん
解くにあたって必要な知識はしっかり書かれているのでより実践的に覚えることができるのです♪

 

3-3.感覚

 

最後に、感覚です

 

教科書に感覚というのはあまり書かれていないことが多いです。

 

会社が組織として正確に作成している教科書において、あまり噛み砕いた表現は好ましくないと考えられがちだからと言えます。

 

ですが簿記の問題を解くにあたって大切なのは感覚的なことです。

 

ますたん
なぜなら問題数が多い場合なのに考えている暇がないことも多いと言えます♪

 

望ましくはありませんが考えて解くと解けないけど、感覚的に解いたら解けるという問題もあるのです。

 

結論:数冊に絞る

 

コアトレーニングがおすすめな理由【3選】

・無駄なことが書かれていない

・実践的

・感覚

 

 

ますたん
利用する本は数冊に絞りましょう♪

 

そうすることで普遍的な知識が身につき忘れるということがなくなります。

 

細かいところは忘れても重要なところは覚えておくことが大切なのです。

 

重要なところを抑えるのに、今回ご紹介した本は有効と言えます。

 

ますたん
筆者も利用しているので是非利用してみると良いでしょう♪

 

 

では今回は以上です♪
ご視聴ありがとうございました(*^^*)

スポンサーリンク

-(Financial accounting) 財務会計, Accounting(会計), Bookkeeping(簿記)
-, , ,

© 2022 masutannblog