(Financial accounting) 財務会計 Accounting(会計) Bookkeeping(簿記)

商品の会計処理におけるポイント【3選】

 

 

 

 

ますたん
簿記において商品会計は、基礎中の基礎です♪

 

ただ蓋を開けてみると様々な会計処理があるので混乱してしまいがちと言えます。

 

結論

結論から言えば、商品には様々なものがあり多種多様な会計処理があるので大切である基本的な考え方を学んでいくことが大切です。

 

1.商品の会計処理とは

商品の会計処理とは

 

簿記における商品には様々なものがあります。

 

例えば以下の通りです

・飲食物

・サービス

・建物

 

このような多種多様な商品を会計処理として表すため、方法としても様々なものがあるのです。

 

ますたん
ただ様々なものがあるため、全て覚えることはとても難しいと言えます♪

 

大切な所を中心的に抑えていくこと心がけましょう。

 

【簿記】商品売買の会計処理

続きを見る

 

2.特殊なものを除けば簡単

特殊なものを除けば簡単

 

容認されているケースなど、業種によって認められている会計処理もあります

 

細い会計処理を覚えようとすると基本的な物を忘れてしまうのが人間です。

 

ますたん
基本となる会計処理を中心に押さえ特殊ケースに関しては軽く勉強しておきましょう♪

 

重要性を大切に学んでいくことが重要なのです。

 

3.商品の会計処理におけるポイント【3選】

商品の会計処理におけるポイント【3選】

 

商品の会計処理におけるポイント【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.期末商品

期末商品

 

先ずは、期末商品です

 

期末商品について考えれば、期首商品仕入れの額が分かれば、売上原価も算出することが可能なのでとても大切です。

 

ここでのポイントは期末商品は帳簿棚卸高を入れるということが大切と言えます。

 

ますたん
間違って実地商品棚卸高を入らないように心がけましょう♪

 

これを次の項目である商品定価評価、棚卸減耗費と一緒に押さえておくことで、売上原価を求めなさいという問題や、売上総利益を求めなさいという問題に対応することができます。

 

【簡単】貸借対照表の「繰越商品」とはなにか【大切な考え方】

続きを見る

 

3-2.商品低下評価損と棚卸減耗費

商品低下評価損と棚卸減耗費

 

次に、商品低下評価損と棚卸減耗費です

 

商品低下評価損と棚卸減耗費は、正確に押さえれば簡単に求めることができます。

 

ますたん
棚卸減耗費について考える場合、想定していた在庫の数量が減っていた場合です♪

 

この場合、減った数量に原価を乗じることで求めることが可能と言えます。

 

商品低下評価損は、今ある商品を売った時の価格が下がった場合です。

 

この場合には、今ある商品に対して価格が下がった部分を計上すれば良いと言えます。

 

【簿記】誰でもわかる棚卸減耗費と商品低下評価損の計上【簡単】

続きを見る

 

3-3.手数料

手数料

 

最後に、手数料です

 

ますたん
手数料は買った時と売った時で異なる取扱いをします♪

 

買った時は、購入代価に手数料を含めて仕入として計上します。

 

これに対して売った時は、手数料を別途支払手数料などで認識することを忘れないようにしましょう。

 

同じ手数料なのに全く違う取扱いを行うことに困惑してしまいますがこれだけ押さえておけば全然恐れることはないのです。

 

簿記における送料の取り扱い【会計処理】

続きを見る

 

結論:ポイントをおさえる

 

商品の会計処理におけるポイント【3選】

・期末商品

・商品低下評価損と棚卸減耗費

・手数料

 

ますたん
簿記の勉強は多種多様な取引があるためポイントを押さえることが大切です♪

 

商品会計においては今回ご紹介したようなことがポイントと言えます。

 

ますたん
しっかり覚えて復習してみて下さい商品会計が得意になってくるでしょう♪

 

今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-(Financial accounting) 財務会計, Accounting(会計), Bookkeeping(簿記)
-, ,

© 2022 masutannblog