Think(考える)

【決定版】モチベーションアップさせる方法【まとめ】

 

 

勉強や仕事で成果を出すためにはモチベーションをアップさせる必要があります。

 

ますたん
継続的に努力していかなければいけないので、モチベーションはとても大切でしょう♪

 

やる気がない状態で無理をしても成果を出すのは難しいのです。

 

結論

結論から言えば、楽しむだけでなく俯瞰していく考え方がとても重要になってきます。

 

1.モチベーションをアップさせる必要性

モチベーションをアップさせる必要性

 

何も考えずに頑張ろうと考えているだけでは、徐々にやる気が無くなってくる可能性が高いです♪
ますたん

 

そうなる前にモチベーションを高めるにはどうしたら良いのかを知っている必要があります。

 

ますたん
成果を明確に把握してモチベーションを高めていけば、気付けば成果が出ている状況にすることができるでしょう♪

 

自尊心を持つようにするとモチベーションの基礎ができるので、上げやすくなるかもしれません。

 

参考記事:正しい自尊心を持つ

 

2.正しいモチベーションと努力

正しいモチベーションと努力

 

一時的にモチベーションをあげても意味がないでしょう♪
ますたん

 

成果を出すためには継続的なモチベーションが必要であり、常時モチベーションアップについて考えていかなければなりません。

 

成果を出すためにはモチベーションだけではなく、相関と因果の関係を把握して誤った努力をしていないか確かめていくのが良いでしょう。

 

ただ苦労しているだけでは結果はでないことが多いのです。

 

ますたん
人は何らかに依存していることが多く、依存先を変えるだけでも習慣的に勉強や仕事を行えるようになります♪

 

3.モチベーションをアップさせる方法【3選】

モチベーションをアップさせる方法【3選】

 

モチベーションをアップさせる方法【3選】は以下の通りです。

 

3-1.【時間管理】タイムマネジメントをする

 

先ずは、【時間管理】タイムマネジメントをする

 

時間を管理していくことで、自身がなににどれくらいの時間を要しているのかを把握できるようになります♪
ますたん

 

時間を把握出来れば、予想できるので実際との比較でどれくらいの差があるのかを把握可能です。

 

ますたん
差がなぜ起こっているのかを突き止めれば、改善していけるようになるでしょう♪

 

改善を繰り返していけば、より能率的な行動がとれるようになり、モチベーションアップに繋がります。

 

3-2.【人選】ひとを選ぶ

 

次に、【人選】ひとを選ぶです

 

誰でも同じように話せばわかると考えている人を要注意と言えます。

 

自身のことを考えてくれている人と付き合っていくことで、より効率的に行動していけるようになるでしょう♪
ますたん

 

同じ目標を持っている人などと交流することで、情報を共有出来てモチベーションがアップします。

 

ますたん
逆に気が合わない人との交流をさけることでモチベーションが下がるのを防ぐことができるでしょう♪

 

3-3.楽しい時間を軸にすると人生は豊かになる

 

最後に、楽しい時間を軸にすると人生は豊かになるです

 

モチベーションは勉強や仕事中にアップするだけではありません。

 

プライベートの時間を大切にして楽しいと思えることに軸にするのもモチベーションアップの役割を担っています。

 

プライベートの時間が充実していれば、その為に努力をすることに繋がるでしょう。

 

楽しい趣味にお金がかかるのであれば、それをする為に努力するのもひとつです♪
ますたん

 

4.モチベーションにムラがあるとき

モチベーションにムラがあるとき

 

いくら努力しようとしてモチベーションアップに努めてもムラがあるときはあります。

 

ますたん
日々無駄を省いて簡略化していき、楽しむ努力をすることが大切です♪

 

モチベーションが高い時にはついつい無理をしてしまうことも考えられます。

 

ですが、燃え尽きない程度に抑えて次の日に控えることも大切と言えるでしょう♪
ますたん

 

5.モチベーションをあげれば結果がでやすい

 

モチベーションをあげられれば継続的な努力が可能です。

 

ますたん
日々コツコツ努力できるひとは最強でしょう♪

 

その為にモチベーションとは何なのかについて考えてアップさせる方法を見出していくのが重要です。

 

モチベーションは勉強や仕事で成果をだすのに必要不可欠でしょう♪
ますたん

 

では、今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog