Think(考える)

言葉遣いが悪いと損をする理由と対策3選【TPO】

 

あなたは言葉遣いをしっかりしていますか?


と言いましても、どこでも敬語で接しなければいけないわけではありません。

 

友人と話の調子を合わせる為に、言葉遣いを気にせずある程度の自然体で会話が出来る関係と言うのもまた大切です。

 

結論から言えば、TPOを弁えた上で言葉遣いについて考えていく必要が有るのです。

 

そこで今回は、なぜ言葉遣いが悪くなり、それが損に繋がる理由その対策についてご紹介していきます。

 

1.なぜ言葉遣いが悪くなるのか

なぜ言葉遣いが悪くなるのか

 

言葉遣いが常に完璧という方はいないです♪


ですから、言葉遣いが悪くなる状況がありますし、それは気軽に話せる友人や家族といる時がほとんどでしょう。

 

ですが、日頃からそのような言葉遣いでいると、フォーマルな場においても出てしまうかもしれません♪


また、喧嘩までいかなくても、揉めている状況などでは出てしまいやすいでしょう。

 

2.言葉遣いが悪いと損をする理由

言葉遣いが悪いと損をする理由

 

フォーマルな場においても普段から言葉遣いが悪い方は、単純に相手を不快にしているかもしれませんので、損していることはいうまでもありませんよね♪

 

ですが、喧嘩をしている状況などでもし言葉遣いが悪くなったとします。

 

そうすれば、あなたの印象はそのような悪い印象になってしまいかねません。

 

無理をして自分を偽り良く見せる必要はありませんが、悪くは思われたくはないですよね♪

 

また、相手に何か不快な思いを与えられた時に言葉遣いが悪かったらどうでしょう

 

マジ、あいつ遅刻してきたんだけど。何様?ありえねー、くたばれよ。

 

あなたにも原因があるのでは?


と思われてしまうかもしれません。

 

分かっている方なら、悪く言ことも良く言うことも出来るはずです。

 

ですから、日頃からあまり悪い口調をしないように注意することは大切なのです。

 

また、そのような相手に問題が発生しても気にならないように行動する必要があり、気になる方は以下の記事を参考にされてください♪


参考記事:予定時間に相手が来ないときに取るべき行動3選【遅刻】

 

3.言葉遣いが悪くならない対策

言葉遣いが悪くならない対策

 

言葉遣いが悪くならない対策は、以下の通りです。

 

3-1.日頃からの注意

日頃からの注意

 

先ず、日頃からある程度注意していきましょう

 

日頃の行いは隠しても出てしまうのが通常です。

 

心の広い方が相手なら、少しくらい出た位では全然気にしないで済みます♪


ですが、そのような方だけではありません。

 

ですから、日頃から少しは言葉遣いに気をつける必要があります。

 

また、喧嘩になってしまうのにも原因がありますので、普段から穏やかに過ごせるように、相手の意見も尊重するように意識しましょう。

 

3-2.敬意を持って接する

敬意を持って接する

 

次に、相手への敬意を忘れないようにしましょう

 

どんなに仲の良い方でも、もっと言えば仲の良い方ほど敬意をもって接していきましょう♪


そのように考えているだけで、悪い言葉遣いというのは自然に無くなっていきます。

 

その方が日頃から行っている行動をみて、仲良くしていきたいと思い、仲良くして貰ってるわけですから敬意は心のどこかに必ずあります。

 

それを言葉遣いなどにも、出していきましょう♪

3-3.TPOはわきまえる

TPOはわきまえる

 

最後に、TPOはわきまえましょう

 

TPOをわきまえることはマナーです。

 

ですから、どんな方でもフォーマルな場においてはその場にふさわしい言葉遣いをする必要があります♪


これは、言葉遣いに限らず、ルールを守ることは社会人として当然のことです。

 

何事も対人関係の上に成り立ちます。

 

日頃から、色々な方と仲良くして交流を持って行くためにもそのような最低限のことは注意していきましょう♪

場において使い分ける意識を持つことが偽善でも何でも、相手を不快に思わせないようにする相手への心遣いを、意識して学ぶことで自然に言葉遣いはなおります。

 

まとめ

 

言葉遣いが悪くならない対策

・日頃からの注意

・敬意をもって接する

・TPOをわきまえる

 

このように、言葉遣いが悪いことで損をする場面は数多くあり、対策を講ずる必要があります。

 

ただ、環境によって左右される部分はありますので、意識し過ぎる環境に普段から身をおくことも良くないのかもしれません♪


自然体で性格を過小評価されることだけは、嫌ですよね。

 

前述した通り、偽って良く思われなくても良いですが、自然で居て悪く思われ損をすることは避ける必要があります。

 

その為には、言葉遣いを直すのと同時に、自然体でいられる環境に身を置くことが大切なのです。

 

関連記事:【理由】「ヤバい」と言ってはいけないのか【抽象的表現】

 

では、今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog