Work out(筋トレ)

【筋トレ】リストラップおすすめ5選【ランキング】

 

リストラップは手首を保護する為にとても大切です。重さが軽い場合はそこまで負荷はいかないですが、高重量になればちょっとしたことでケガしてしまうのは分かって頂けると思います。

 

ずっと続けていくのであれば、慣れが必要なので短いモノから挑戦してみるのも良いかもしれません。

 

通常は、結果的に良いモノが欲しくなるなら、値段に関わらず良いモノを買っておけば良いと言うのが個人的な本音ですが、こちらはそうとも言いきれないと思います。

 

と言うのも、長さが三段階位あるので軽い重量なのに長い商品を毎回巻くのは面倒になりますし、そこまで必要は無いと考えられるからです。

 

メーカーによってそれぞれ長さは微妙に異なるものの30㎝前後・60㎝前後・90㎝前後といった3段階位あります。

 

ベンチプレスで言えば、健康目的で軽く行うなら30㎝前後、100kg位なら60㎝前後、100kg超から90㎝前後の商品位の目安だと思います。

 

人によってはもっと重いモノになってからで良いという方もいるかと思いますが、ケガをしてからでは遅いので、早めに対策していきましょう。

 

プレス(押す)系の種目を行う際に利用することをご検討ください。

 

また、大会に出場するのであればそれぞれ公認があるメーカーの商品でないと使用不可なので、ご確認ください。

 

1.シーク Schiek

 

一番王道のリストラップでこちらの商品を買っておけば間違いはないであろうと言うモノですので、安心してお買い求めいただけると思います。

 

ジムでも利用している方はよく見ますし、恐らく筋トレしている方からしたら見てすぐに分かると思います。

 

アメリカで有名なボディービルダーであるジェイ・カトラーがモデルとして起用され、とても信頼のおけるトレーニングギアメーカーなので人気も高いです。

 

2.武器屋.net 鬼

 

 

『武器屋』さんからは「鬼」や「GLFIT」という有名な筋トレブランドが出ており、トレーニングギアとしてはとても優秀なモノばかりです。

 

リストラップにおいても、とても高いシェアを誇っていてシークに負けをとらないと思います。

 

国際連盟公認ですので、大会でも利用できると思いますので。サイズによって初心者から上級者まで利用可能です。

 

3.スリングショット ギャングスタラップ

 

こちらの商品は、エルボースリーブのようにも利用できるので使い勝手が良いとして、筋トレYOUTUBERとして人気のある『Sho Fitness』さんもおすすめしています。

 

 

デザインも個性的でおしゃれかつ種類も多いので、モチベーションが上がって筋トレが楽しくなるかもしれません。

 

4.FERRY

こちらは、シークに良く似たデザインをしている商品です。値段が安い上、拘りがある方以外は、そこまでの違いは無いのではないかなんて聞きます。

 

ですが、糸が解れていたりなど安価な分若干当たり外れがあるようなので、それを安いから仕方ないと割り切れる方にはおすすめです。

 

私が購入したモノは徐々に解れてきたりはしますが、最初は解れていたりなどはなく、多少の解れ位は使用上に何の問題は無いので、最初購入するのにとてもおすすめな商品です。

 

5.GOLD'S GYM ゴールドジム

 

言わずと知れた筋トレジムの王道である「ゴールドジム」のリストラップです。リストラップの中ではあまり使っている方は見ないですが、筋トレツールなどで迷ったらとりあえずゴールドジムのモノで間違いないという安心感はあります。

 

ただ、リストストラップやベルト等と比較すると1位のシーク等が有名過ぎて、使っている方はあまり見ない気もします。

スポンサーリンク

-Work out(筋トレ)
-, , ,

© 2022 masutannblog