Accounting(会計) Think(考える)

企業法が苦手な人が得意にする方法【3選】

 

 

ますたん
企業法は会社法商法金融商品取引法の組み合わせです♪

 

法律について勉強したことがない方にとっては苦手とする分野と言えます。

 

結論

結論から言えば、なぜそのような規定があるのか趣旨を詳しく考えていくことがポイントです。

 

1.企業法が苦手な人とは

企業法が苦手な人とは

 

企業法が苦手な人は、理論的な考えをするのが得意としない方が多いでしょう。

 

体を動かして覚えるタイプの方が計算が得意かもしれません♪
ますたん

 

ですが公認会計士試験において理論は避けて通れないのです。

 

苦手なものをいかに得意としていくのか、理論的な考えを持って試行錯誤していきましょう。

 

2.企業法の特徴

企業法の特徴

 

企業法は冒頭でもお話しした通り、以下の法律の組み合わせです。

 

・会社法

・商法

・金融商品取引法

 

いずれにしても法律は、定めておいた方が良いことを規定しています。

 

ますたん
つまり定まるまでは試行錯誤されますが、定まってしまえばあとは従った上での解釈です♪

 

試験場でその解釈が問われることはないので、決まっている通りに覚えることが重要と言えます。

 

もし論点になる部分であったとしても判例などを覚えていきましょう♪
ますたん

 

3.企業法が苦手な人が得意になる方法【3選】

企業法が苦手な人が得意になる方法【3選】

 

企業法が苦手な人が得意になる方法【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.教科書や条文をしっかり読む

教科書や条文をしっかり読む

 

先ずは、教科書や条文をしっかり読むです

 

教科書や条文は細かいところまで書かれているので、通常深入りしない方が良いと言えます。

 

ますたん
ですが、言い回しなど理解し難い部分もあるので、しっかり読んでいた方が良いでしょう♪

 

アウトプットで解いていくのが試験では大切ですか、企業法に関してはインプットとアウトプットが≒です。

 

内容が分かっているのに言い回しが分からないことで溶けなくなることを避ける必要があります。

 

3-2.分からない部分を暗記

分からない部分を暗記

 

次に、分からない部分を暗記です

 

ますたん
分からない部分を飛ばして勉強をするのが通常ですが、どうしても理解できない部分を暗記してしまいましょう♪

 

正直、暗記してしまえば解ける問題がほとんどです。

 

基本的な姿勢は趣旨によってなぜ規定されているのかを考える必要があります。

 

ですがこれはあくまでも少し読めば理解できる程度の問題は無しです。

 

全くわからなかったり、何度読んでも理解できない部分はとりあえず暗記して起きましょう♪
ますたん

 

3-3.全て覚える

全て覚える

 

最後に、全て覚えるです

 

試験問題を全て解けなければいけないわけではありません。

 

ますたん
ですが、教科書の内容を一語一句理解できるように丁寧に勉強をしていきましょう♪

 

そうすることで徐々に全て頭に入ってきてどんな問題でも対応できるようになります。

 

そこまで出来てしまえば後はアウトプットのコツを覚えるだけです。

 

結論:基本は趣旨の理解、分からなければ丸暗記

 

企業法が苦手な人が得意になる方法【3選】

・教科書や条文をしっかり読む

・分からない部分を暗記

・全て覚える

 

苦手な方は趣旨を理解しようとしていなかったり、毛嫌いしてしまって暗記すらしようとしていないことです。

 

人はできれば得意に感じてきますので、とにかく解けるように覚えてしまいましょう♪
ますたん

 

意味を理解して覚えられなかったとしても、何度も読めば頭に入ってきて自然に解けるようになってきます。

 

ますたん
解けないことで落ち込むことなく、目の前の問題を1問でも多く解きましょう♪

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Accounting(会計), Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog