Think(考える)

経営学部における志望動機の書き方ポイント【3選】

 

 

ますたん
経営学部の志望動機は何を書いたら良いのか分からない方が多いです♪

 

そもそも経営学部ではどのような内容について勉強するのでしょうか。

 

結論

結論から言えば、経営学部で学びたい内容を詳細に示していく必要があるのです。

 

1.経営学部の志望動機とは

経営学部の志望動機とは

 

経営学部に自ら入学したい方は、実際にどの程度いるでしょうか♪
ますたん

 

と言うのも、経営を行いたい方は会社を設立して経営を始めていくほうが実践的な知識が身につきます。

 

なぜ経営学を勉強する必要があるのかについて明確に知っておくことが大切です。

 

経営学を勉強する意義が分かれば志望動機も自身の考えで書いていけるでしょう。

 

2.経済学部との違い

経済学部との違い

 

経営学部がよく混同されがちな学部に経済学部があります。

 

経済学と経営学は簡単に言えば以下の違いです

経営学→ミクロ

経済学→マクロ

 

ミクロとマクロと言われてもいまいちピンと来ないかもしれません。

 

ますたん
マクロの大きなくくりでミクロが小さなくくりと考えておきましょう♪

 

お金の動きに着目して考えた場合、マクロ【経済学部】は国全体のお金の動き等について考えていくのに対して、ミクロ【経営学部】は各会社におけるお金の動きなどについて学んでいくのです。

 

3.経営学部における志望動機の書き方のポイント【3選】

経営学部における志望動機の書き方のポイント【3選】

 

経営学部における志望動機の書き方のポイント【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.リスクヘッジ

リスクヘッジ

 

先ずは、リスクヘッジです

 

ますたん
経営学の内容は実際に会社を経営している方々が失敗と成功を重ねてきた結果と言えます♪

 

つまり失敗から学んだ内容が教科書になっているので、同じ失敗を繰り返さないよう注意して行動できるのです。

 

これは自身が経営を行う際にとても有用な知識として活用可能と言えます♪
ますたん

 

普遍的な知識を身に付けることで、普通はこうするという意思決定の王道を知ることができるのです。

 

3-2.円滑な業務

円滑な業務

 

次に、円滑な業務です

 

ますたん
経営学部は何も経営を行うために必要な知識だけではありません♪

 

業務を行っていくにあたりどのように行動するのが会社のためになるのかがわかるのです。

 

また、業務を効率的に行うためにはどのようにしたら良いのかが分かるようになり提案をすることが可能になります。

 

これは個人のみでなく会社全体にとって有用な勉強なのです。

 

3-3.人間の心理

人間の心理

 

最後に、人間の心理です

 

ますたん
経営学部は、会社内における人間の心理についても学んでいきます♪

 

1つの意思決定に対して人間がどのように行動していくのかを試行錯誤するのです。

 

会社内においては管理職の立場にいる方は尚相手のきもちを重んじる必要があります。

 

そんな時に、経営学は活きてくるのです。

 

結論:自分の言葉で書く

 

経営学部における志望動機の書き方ポイント【3選】

・リスクヘッジ

・円滑な業務

・人間の心理

 

このように経営学を学ぶメリットから、自身がなぜ学びたいのかを明確にする必要があります。

 

そうすることで、相手に経営学部に入りたい理由がしっかり伝わるはずです♪
ますたん

 

ただ、形式的に書いているだけではテンプルに感じて評価は下がります。

 

ますたん
自身の文章であくまでも経営学を勉強する理由は参考程度に留め、把握した上で目的を明確に伝えていきましょう♪

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog