Think(考える)

経営学部に通学してつらいこと【3選】

 

 

経営学部に通って何をするのか具体的な内容がわからない方も多いでしょう。

 

ますたん
実際に通ってみた結果つらいことが多くて、すぐに辞めてしまうのでは意味がありません♪

 

どのようなことが辛いのか自分はそれに耐えられるのかを考えていきましょう。

 

結論

結論から言えば、経営学部で学ぶことは相対的なものが多いので、理解することが難しいこともあります。

 

1.経営学部はつらいのか

経営学部はつらいのか

 

経営学部では、経営学だけでなく経済学や語学など様々な分野にわたって勉強を行います♪
ますたん

 

単純に、計画を立てて自分で通学しなければいけないので、それだけでもう大変です。

 

ますたん
そこに経営学部特有の問題が合わさればさらに難しく感じるでしょう♪

 

一方で、経営学部だからこそ楽しいこともたくさんあります。

 

2.経営学部は楽しいことも多い

経営学部は楽しいことも多い

 

経営学部では、簡単に言えば会社のことについて多様な知識を学ぶことができます♪
ますたん

 

広告やマーケティング、会計など多岐にわたる知識は会社に勤める際に役に立つことばかりです。

 

実際に会社に勤務する前に、予習ができていると言っても過言ではありません。

 

働いている場合には近視眼的になり、目の前のことを覚えるのに必死になってしまいます。

 

ますたん
広い視野を持つためにも事前知識があるのは有利です♪

 

3.経営学部に通学してつらいこと【3選】

経営学部に通学してつらいこと【3選】

 

経営学部に通学してつらいこと【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.複数解

複数解

 

先ずは、複数解です

 

経営学部で学ぶことには、人の考え方が関係する部分が多くあります。

 

このような場合には、答えが一つとは限りません♪
ますたん

 

一般的に正しいとしている考え方を身につけていくだけです。

 

計算式を利用して状況を整理していく場合もありますが、具体的に計算していくケースは少ないかもしれません。

 

義務教育であれば国語に似ているかもしれません。

 

3-2.イノベーション

イノベーション

 

次に、イノベーションです

 

一般的に正しいとしている考え方が本当に正しいとは限りません。

 

ますたん
逆を返せば、懐疑的な視点で物事を見つめ、新しい考え方を創造することも必要です♪

 

実際に社会では、誰かが新しい考え方を実践したり、新しい商品も生み出しています。

 

人に言われたことをそのまま行うだけでなく、自分の考え方で革命的に創造していく能力も求められているのです。

 

3-3.理解

理解

 

最後に、理解です

 

経営学部で学ぶ知識は専門的な事も多いかもしれません♪
ますたん

 

高校では学ばない会社に関する専門的な内容は理解に苦しむことも多いです。

 

ますたん
ただし、理解できないということは普遍的ではない可能性も秘めています♪

 

理解を重視しつつも、理解できない部分は研究の余地があると考える視点も必要です。

 

結論:広い視野を持つ必要がある

 

経営学部に通学してつらいこと【3選】

・複数解

・イノベーション

・理解

 

経営学部で学ぶことは相対的に決まっていくことも多いので、変動することもあります♪
ますたん

 

極端な事を言えば昨日正しかったことが、今日は違っているかもしれません。

 

ますたん
広い視野を持ち柔軟に対応していくことが難しく感じる人は、経営学部に通っているとつらく感じるでしょう♪

 

では、今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-,

© 2022 masutannblog