Think(考える)

経営学部で忙しいと感じたこと【3選】

 

 

経営学部に入った際に、どの程度忙しいのかは気になるところです。

 

ますたん
実際に講義を受けて見て忙しすぎて辞めてしまうのはもったいないでしょう♪

 

出来る限り事前に、何が忙しいのかを把握しておくことが大切です。

 

結論

結論から言えば、感じ方に個人差はあるものの、資格試験などがなければ、そこまで忙しいこともないでしょう。

 

1.経営学部は忙しいのか

経営学部は忙しいのか

 

経営学部では、主に会社の事に関して詳しく学びます。

 

卒業した後には会社で必要とされる人材になっていけるでしょう♪
ますたん

 

また、独立して開業する際には経営学部の知識は活きてきます。

 

何をしたら良いのかわからない人にとっても、普遍的で愉しい知識を学べるといっても過言ではありません。

 

2.忙しい時期などが異なるだけ

忙しい時期などが異なるだけ

 

経営学部が忙しいのかと考えると、厳密には他の学部でも忙しいと思います。

 

ますたん
一方で、時期によって忙しい時は異なるでしょう♪

 

日々の講義で毎回感想を求められるが試験は簡単だったり、講義の雰囲気は自由なので試験が難しかったりする場合もあります。

 

資格試験などを目指す場合には、その難易度に依存してどの程度勉強しなければいけないのか、いつ試験日なのかが変わってくるでしょう。

 

3.経営学部で忙しいと感じたこと【3選】

経営学部で忙しいと感じたこと【3選】

 

経営学部で忙しいと感じたこと【3選】は、以下の通りです。

 

3-1資格試験

資格試験

 

先ずは、資格試験です

 

どの学部でも資格試験は受けることになるかもしれません♪
ますたん

 

ただ、経営学部では資格試験の種類が多く、比較的受験するかたも多いのではないでしょうか?

 

・簿記

・FP

・宅建

・ITパスポート

 

これらの資格は経営学部で取得するには一般的です。

 

ますたん
この他士業にチャレンジする場合、圧倒的に勉強量が増えてくると思います♪

 

3-2.期末試験

期末試験

 

次に、期末試験です

 

日々の講義のまとめと言えるでしょう♪
ますたん

 

どの程度の期末試験なのかにもよりますが、期末なので様々な講義の試験がまとまってきます。

 

ますたん
期末試験の時期になると本腰を入れて勉強する必要があるでしょう♪

 

とは言え、いくら真剣に受けていても解けない場合もあります。

 

どの科目にどれだけの時間を割く必要があるのか計画していかなければなりません。

 

3-3.レポート

レポート

 

最後に、レポートです

 

レポートが求められるとよく言いますが、広く言えば宿題です。

 

放課後に遊びによく出かけている学生にとっては天敵と言えます。

 

レポートがあればプライベートの時間は割かれいくでしょう♪
ますたん

 

講義の特徴を把握するためにも、受けたことのある人の話を聞くのは有効です。

 

ますたん
教授ごとの特徴を把握して、自分に適した講義を受講していきましょう♪

 

結論::資格試験に挑まなければそこまで忙しくはない

 

経営学部で忙しいと感じたこと【3選】

・資格試験

・期末試験

・レポート

 

経営学部でも学校によって様々なものがありますが、講義だけならそこまでではないでしょう♪
ますたん

 

一方で資格試験にチャレンジすればその難易度により勉強時間は増えていきます。

 

ますたん
全く暇がなく気づいたら4年間経っていることもいくらでもあり得るので、計画性を持った行動が必要です♪

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-,

© 2022 masutannblog