Think(考える)

ビジネスにおいて生産性を高める方法【3選】

 

 

ますたん
ビジネスにおいてよく用いられる言葉に生産性という言葉があります♪

 

会社では生産性を高めることで、業績向上を目指していくのです。

 

結論

結論から言えば、生産性を高めて、効率的に商品を製造することで、原価を削減することができ、業績向上に貢献していきます。

 

1.会社における生産性とは

会社における生産性とは

 

ますたん
投入した費用に対する製造して付加した商品の価値と言えます♪

 

商品を製造している場合、いかに効率よく付加価値を付与していくかが重要です。

 

会社では従業員に賃金・給料、家賃等、製品を製造しなくても、費用がかかってしまいます。

 

営利目的でいかに商品を効率的に製造して、付加価値をつけていくかが重要なのです。

 

2.製品の生産過程

製品の生産過程

 

生産性を高めるためには生産過程を知る必要があります。

 

ますたん
製造するにはどのようなお金を費やしているのかが大切です♪

 

またお金以外の部分についても長期的視点で考えていく必要があります。

 

短期的な視点のみ考えて長期的視点が抜けてしまうと、生産性のみならず企業の継続が危ぶまれるのです。

 

3.会社において生産性を高める方法【3選】

会社において生産性を高める方法【3選】

 

会社において生産性を高める方法【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.社員のモチベーション

社員のモチベーション

 

先ずは、社員のモチベーションです

 

ますたん
製品の製造を行うためには社員の協力が必要不可欠といえます♪

 

社員を手荒に扱うことで、短期的に労働生産性を高めたとしても、社員のモチベーションが下がってしまえば本末転倒です。

 

社員が人間であり1人1人に気持ちがあることを考えなければいけません。

 

逆を返せば社員を大切にできれば、会社を信頼して一体となって相乗効果を高めていくことができます。

 

3-2.管理可能

管理可能

 

次に、管理可能です

 

ますたん
生産過程において管理が可能なものと管理不能なものに分けましょう♪

 

これは会計においてよく用いられる考え方で、管理不能なものは切り離し管理可能なものをピックアップするのです。

 

なぜなら管理不能なものと管理可能なものを一緒に考えた場合管理不能なものにより、管理可能な部分まで管理できなくなってしまう危険があります。

 

管理可能性について検討することで安定した生産環境を整備することが出来るのです。

 

3-3.科学的視点

科学的視点

 

最後に、科学的視点です

 

科学的視点をもって生産過程について考えていく必要があります。

 

ますたん
日常的にいかに効率的に生産すれば良いのかについて考える必要があるのです♪

 

当たり前を当たり前と思わず、さらにどのようにすれば生産性を高めていけるのかについて常に考えます。

 

ただ、その過程においても従業員を制約しすぎる方向性に向かうことだけは避けなければいけません。

 

結論:原価は低く広い視野を持って

 

会社において生産性を高める方法【3選】

・社員のモチベーション

・管理可能

・科学的視点

 

原価を下げる必要がありますが、長期的してもうそれでは行きません。

 

ますたん
生産性は管理し過ぎれば従業員のモチベーションにより生産性が下がってしまいます♪

 

遠回りをするような考え方が一番近道と言えるのです。

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog