Bookkeeping(簿記)

簿記検定と実務の違い【3選】

 

 

ますたん
簿記検定を勉強すれば実務ができるのではないかと考えます♪

 

そうなれば良いのですがなかなかそうもいきません。

 

結論

結論から言えば、簿記検定の内容を活かしていくことはできますか簿記検定を勉強したから実務の完璧にできるようになるわけではないのです。

 

1.簿記検定と実務

簿記検定と実務

 

簿記検定は会計処理を行えるようになり、実務においてとても有用な資格といえます♪
ますたん

 

ただし、検定を勉強すれば実務ができるようになるわけではありません。

 

ますたん
簿記検定で勉強する内容と実務では何が違うのでしょうか?

 

しっかり把握して実務で活かせる簿記を勉強していく必要があるのです。

 

2.実務の種類

実務の種類

 

実務といっても様々な種類が存在しています♪
ますたん

 

会社の経理として働くこともそのひとつです。

 

ますたん
また、税理士は会計士を取得して、会計事務所を設立するのもありでしょう♪

 

詳細な内容は異なれど、取引を会計帳簿に記帳するのはどの仕事も同様です。

 

3.簿記検定と実務の違い【3選】

簿記検定と実務の違い【3選】

 

簿記検定と実務の違い【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.汎用な知識

汎用な知識

 

先ずは、汎用な知識です

 

汎用の知識は検定と実務では異なります。

 

検定ではよく出題される内容が汎用性が高いと考えられるでしょう♪
ますたん

 

これに対して実務では、よく行われる取引の会計処理が汎用性が高いです。

 

ますたん
でも実務の内容を反映させるように改正がなされていますが、まだ完全に合致していないことは事実でしょう♪

 

3-2.特殊な取引

特殊な取引

 

次に、特殊な取引です

 

試験では一般的な取引を基本として出題されます。

 

これに対して実務では、特殊な取引が出てくるかもしれません。

 

その時にどのように会計処理を行っていくのかは、一般的な考え方やかこの方法を利用して行うしかないのです。

 

つまり完璧に正解と言える内容があるとは限りません♪
ますたん

 

3-3.相手がいる

相手がいる

 

最後に、相手がいるです

 

なんといっても机上の空論では終わらないところと言えます。

 

ますたん
実務では、取引先や顧客などとの関係性の中で会計を利用して仕事を行うのです♪

 

会計の知識をもってして全て自分で決められるわけではないと言えます。

 

自分の考えを言語化したり相手の考えを把握したりこのような能力を会計と共につけていくことが実務では必要です。

 

結論:実務を重視すべき

 

簿記検定と実務の違い【3選】

・汎用な知識

・特殊な取引

・相手がいる

 

勉強していても実務で活かせなければ、意味がありません♪[
ますたん

 

資格を勉強してそれがそのまま実務で活かせるようになればベストです。

 

ますたん
ただそれはまだ先かもしれないので、実務を意識した上で勉強を継続していきましょう♪

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Bookkeeping(簿記)
-, ,

© 2022 masutannblog