Accounting(会計) Bookkeeping(簿記)

簿記の本質を掴むための本の読み方【3選】

 

 

簿記の勉強を細かく行っていると本質が分からなくなってきます。

 

ますたん
日頃本を読む際に何を意識して読み進めていくのかは大切な課題です♪

 

本質を掴む本の読み方を身につけていく必要があります。

 

結論

結論から言えば、細かい部分を勉強しながらも全体を把握できるように体系的理解が大切です。

 

1.簿記の本質とは

簿記の本質とは

 

簿記の勉強は、深くなればなるほど細くなっていきます。

 

細かい部分を勉強しているとそもそも何を考えていたのかすらわからなくなってしまうかもしれません。

 

イシューを念頭に置き、本質を掴んでいくことが大切です。

 

普遍的知識を身につけておけば、試験において対応できるかもしれないでしょう♪
ますたん

 

2.簿記の本

簿記の本

 

簿記の本には多種多様なものがあります。

 

・研究書

・テキスト

・問題集

・過去問

 

本質をつかむためには、テキストが肝心になってきます。

 

ますたん
一方で、資格試験を勉強するためには、問題集や過去問などのアウトプット能力を身につけていく必要があるでしょう♪

 

3.簿記の本質を掴むための本の読み方【3選】

簿記の本質を掴むための本の読み方【3選】

 

簿記の本質を掴むための本の読み方【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.目次

目次

 

先ずは、目次です

 

目次は意外と飛ばしてしまいがちですが、最重要項目と言っても過言ではありません。

 

なぜなら、その本の大切な項目が詰まっているからです♪
ますたん

 

目次の内容は、本でなにを伝えたいのか、本質を表しています。

 

ますたん
はじめだけでなく、最後のまとめとしても利用していきましょう♪

 

3-2.計算

計算

 

次に、計算です

 

勘定科目を利用した仕訳は、そこまで細かいことはないので反射で解けるレベルにまでしていく必要があります。

 

本質をつかむためには、計算に着目しなければなりません♪
ますたん

 

計算が細かく覚えなくてはいけないことが沢山ある部分です。

 

ますたん
どのように計算すれば良いのかを意識していきましょう♪

 

3-3.簿記の5大要素

簿記の5大要素

 

最後に、簿記の5大要素です

 

簿記の5大要素は僕の本質をつかむためには必須と言えます。

 

どの勘定科目が簿記の5大要素のどこに分類されるのか覚えていきましょう♪
ますたん

 

また、簿記の5大要素とは何なのかを考えていく必要があります。

 

ますたん
簿記の5大要素がつかめれば、自然と項目を分類できるようになるでしょう♪

 

結論:時に体系的理解

 

簿記の本質を掴むための本の読み方【3選】

・目次

・計算

・簿記の5大要素

 

基本的には、計算や簿記の5大要素などを中心に読んでいくことが大切です♪
ますたん

 

ですが、近視眼的にならないよう意識していく必要もあります。

 

ますたん
時に目次を見返して、体系的理解にも努めていきましょう♪

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Accounting(会計), Bookkeeping(簿記)
-, ,

© 2022 masutannblog