(Financial accounting) 財務会計 Accounting(会計) Bookkeeping(簿記)

簿記の勉強に行き詰まった時の対処法【3選】

 

 

ますたん
簿記の勉強は他の科目よりも行き詰まりやすいかもしれません♪

 

比較的単調な作業が多く、決まりきっていないので理解しがたい内容もあるからです。

 

参考

結論から言えば、目的を明確に勉強方法を模索しながら行うと良いでしょう。

 

1.簿記の勉強に行き詰まるとは

簿記の勉強に行き詰まるとは

 

簿記の勉強を日々行なっていると、飽きてしまいます。

 

それでもやらなければいけない状況で続けていれば、嫌になってきてしまうのです♪
ますたん

 

挙句の果てにはテキストを開くのも億劫になり、勉強を続けられなくなってしまうかもしれません。

 

ますたん
そうなる前に対処をしていく必要があるのです♪

 

2.比較的行き詰まりやすい

比較的行き詰まりやすい

 

簿記の勉強は単調な作業が多く飽きやすいと言えます。

 

テキスト通りに進めて問題集を解いているだけでは、おそらく飽きてきてしまうでしょう♪
ますたん

 

無理に勉強を続けると行き詰ってしまいます。

 

簿記の特性を利用しつつうまく勉強を続けていく必要があるのです。

 

3.簿記の勉強に行き詰まった時の対処法【3選】

簿記の勉強に行き詰まった時の対処法【3選】

 

簿記の勉強に行き詰まった時の対処法【3選】は以下の通りです。

 

3-1.簡単な問題

簡単な問題

 

先ずは、簡単な問題です

 

ますたん
難しい問題ばかり解いていると、頭が錯乱状態になります♪

 

分からないところに挑戦することはとても良いことですが、メンタルを管理して勉強を継続するという視点が必要です。

 

その点を専門学校では把握しているので、簡単な問題で麻疹になっているところを難しくしたり、難しくて自信を喪失しているところで簡単な問題を出したりするでしょう。

 

このように自身で勉強を行う際もモチベーションを管理できるように問題の難易度を変えると良いです。

 

3-2.結果を知る

結果を知る

 

次に、結果を知るです

 

日頃から勉強を行っている方は仕訳を中心に勉強しているでしょう♪
ますたん

 

仕訳が会計処理の導入であり1番重要な部分だからです。

 

ですが、問題などでは基本的に最終数値が問われることが多いといえます。

 

つまり仕訳を行い集計をして期末時点で、いくらかが問われるのです。

 

ますたん
財務諸表を眺めてこの数値が何を意味しているのかを把握すると良いでしょう♪

 

売買目的有価証券は時価、固定資産は間接法が殆どだから取得原価など、1つ1つ学んでいくと柔軟性が出てきます。

 

3-3.目的を考える

目的を考える

 

最後に、目的を考えるです

 

なぜ簿記を勉強しているのかをもう一度よく考えてみましょう♪
ますたん

 

簿記を勉強しているとなぜ勉強しているのか目的を忘れがちだからです。

 

闇雲に簿記を勉強するのではなく、目的に応じた勉強方法を模索していくことが効率的と言えます。

 

行き詰まったと感じたら目的を再認識していきましょう。

 

結論:目的を明確に勉強方法を模索

 

簿記の勉強に行き詰まった時の対処法【3選】

・簡単な問題

・結果を知る

・目的を考える

 

ますたん
目的を明確にして勉強方法を模索すれば、行き詰まった時に対処できます♪

 

行き詰まるとは目的を見失っていて、勉強をする気が起きない状況です。

 

自分が将来なりたい姿を想像してそこに向けて勉強をおこなっていきましょう♪
ますたん

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-(Financial accounting) 財務会計, Accounting(会計), Bookkeeping(簿記)
-, ,

© 2022 masutannblog