(Financial accounting) 財務会計 Accounting(会計) Bookkeeping(簿記)

気持ちで負けない!簿記試験でメンタルを守る考え方【3選】

 

 

簿記試験は難しい時もありメンタルがやられてしまうこともあります。

 

一方で事実として落ち込んでも受からないことが挙げられるでしょう♪
ますたん

 

いかにメンタルをコントロールしながら試験に臨んでいくかが大切なのです。

 

結論

結論から言えば、メンタルをどのようにすれば守れるのかを意識していく必要があります。

 

1.簿記試験とメンタル

簿記試験とメンタル

 

簿記試験では見たこともない問題が出題される場合も考えられます。

 

ますたん
面食らってしまいメンタルがやられてしまうと普段解ける問題ですら解けなくなってしまうでしょう♪

 

基本的に難しい問題を解く必要はありません。

 

ですが、問題が出題されている場合には配点がある可能性もあるので、解こうとしまいメンタルがやられてしまうのです♪。
ますたん

 

2.メンタル強化

メンタル強化

 

試験のためにできるだけメンタルを強化していこうと考えるでしょう。

 

ますたん
メンタルの強化といっても、メンタルは筋トレのように直接的に鍛える方法がありません♪

 

つまり、どちらかといえばどのようにしたらメンタルを守れるのかを考えるほうが有効です。

 

簡単に言えば、落ち込むことなく冷静に問題を解いていける能力を身につけていければ良いと言えます。

 

3.簿記試験でメンタルを守る考え方【3選】

簿記試験でメンタルを守る考え方【3選】

 

簿記試験でメンタルを守る考え方【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.難しい問題は後回し

難しい問題は後回し
先ずは、難しい問題は後回しです

 

メンタルがやられてしまう原因は難しい問題を目の前にした場合が多いと思います♪
ますたん

 

ここまで勉強を頑張ってきたのにも関わらず、問題を解くことができないからです。

 

ますたん
他の問題に目を向けてやれば、解ける問題は沢山あるでしょう♪

 

その問題を解いていけば合格できる可能性があるので、心配は要りません。

 

3-2.はじめ程ゆっくり

はじめ程ゆっくり

 

次に、はじめ程ゆっくりです

 

大体のパターンで試験会場の雰囲気に飲まれ始めは焦ってしまいます。

 

徐々に慣れてくると落ち着いてくると思うのではじめほどゆっくり解いていきましょう♪
ますたん

 

数問解けてくるだけで点数が取れてることを実感できて、気持ちが落ち着いてくるはずです。

 

ますたん
焦る気持ちを落ち着かせながら、とりあえず数問解くという考え方でいきましょう♪

 

3-3.自分だけではない

自分だけではない

 

最後に、自分だけではないです

 

焦ってしまうのも解けないのも自分だけではありません♪
ますたん

 

つまり、そこからどのように対処していくかで合否が分かれます。

 

メンタルがやられてしまえばその時点で負けが確定していると言っても過言ではありません。

 

周りも解けていないと考えれば気持ちに余裕が出てきます。

 

ますたん
冷静に対処していけるようにしましょう♪

 

結論:自分でメンタルを守る

 

簿記試験でメンタルを守る考え方【3選】

・難しい問題は後回し

・はじめ程ゆっくり

・自分だけではない

 

誰かがメンタルを守ってくれることは基本的にありません。

 

自分で自分の身を守るように、落ち着ける行動をとっていきましょう♪
ますたん

 

あまりにも焦ってメンタルがやられてしまう方は、お試し受験だと思うことで、落ちるのを前提に考えてしまうと気楽に受けられる場合もあります。

 

ますたん
自分にあった考え方で試験に挑んでいきましょう♪

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-(Financial accounting) 財務会計, Accounting(会計), Bookkeeping(簿記)
-,

© 2022 masutannblog