(Financial accounting) 財務会計 Accounting(会計) Bookkeeping(簿記)

【簿記】意外と知らない?売上の求め方ポイント【3選】

 

 

簿記において商品売買は必須です。

 

ますたん
なぜなら主たる営業を行うにあたり、商品を取り扱う必要があるからと言えます♪

 

簿記初学者にとって売上をどのように計算すれば良いのか意外と知らない人も多いです。

 

結論

結論から言えば、売り上げた金額から返品や値引きなどを控除して売上を求めます。

 

1.売上とは

売上とは

 

会社は営利目的で経営をしているのです♪
ますたん

 

つまり、モノやサービスを売っていきます。

 

ますたん
通常は何のモノやサービスを売るのかを決めてから経営を行うでしょう♪

 

この時決めた物やサービスが会社にとっての商品です。

 

商品を販売した時売上を計上していきます♪
ますたん

 

2.売上計上時期

売上計上時期

 

簿記では認識と測定が大切です。

 

ますたん
認識とはいつであり測定はいくらの部分と言えます♪

 

計算が測定として認識時点は実現主義です。

 

つまり、通常販売基準であり商品やサービスを売ってその対価である現金などを受け取った時点で計上します。

 

3.売上の求め方ポイント【3選】

売上の求め方ポイント【3選】

 

売上の求め方ポイント【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.販売価格×販売数量

販売価格×販売数量

 

先ずは、販売価格×販売数量です

 

商品を販売する場合には、販売価格があります。

 

販売価格に売った数量を乗じれば、売り上げが算定できるでしょう♪
ますたん

 

サービスの場合には、時間やサービス内容で決まっている筈です。

 

その決まっている金額に回数を乗じれば良いだけと言えます。

 

3-2.値引・返品・割戻

値引・返品・割戻

 

次に、値引・返品・割戻です

 

シンプルに販売価格×販売数量で計算できれば簡単で良いのですがそうとも言えません。

 

ますたん
なぜなら、値引・返品・割戻を行う可能性があるからです♪

 

これらが起きた場合には売上から控除しなければなりません。

 

つまり、販売価格×販売数量だけでなくなるので注意しましょう♪
ますたん

 

3-3.割引

割引

 

最後に、割引です

 

値引・返品・割戻に似た概念に割引があります。

 

割引とは簡単に言えば、『早く払ってくれたから安くするね』と言った具合です。

 

資金は早期に回収することで、運転資金や投資に利用できるので有利になります。

 

ますたん
割引は、商品の売買というよりも財務の観点から捉えられて、売上割引として費用に計上されるのです♪

 

結論:ポイントだけ押さえれば簡単

 

売上の求め方ポイント【3選】

・販売価格×販売数量

・値引・返品・割戻

・割引

 

売上は販売価格×販売数量が基本です。

 

ここに少し訂正を加えていくことを忘れないようにしましょう♪
ますたん

 

当然に感じていても取引が複雑になるにしたがって忘れてしまいがちになります。

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-(Financial accounting) 財務会計, Accounting(会計), Bookkeeping(簿記)
-, ,

© 2022 masutannblog