(Financial accounting) 財務会計 Accounting(会計) Bookkeeping(簿記)

簿記計算問題の解き方のコツ【3選】

 

 

簿記の計算問題を苦手とする人は多いです。

 

ますたん
ですが簿記の計算が得意だと、税理士や公認会計士試験も有利になります♪

 

簿記試験だけでなく様々な場面で有益な知識なのでしっかり押さえていく必要があるのです。

 

結論

結論から言えば、計算問題を解いていくということを確実に実行する必要があります。

 

1.簿記の計算問題とは

簿記の計算問題とは

 

簿記には理論問題と計算問題が存在しているのです♪/st-kaiwa1]

 

簿記試験において理論は1級で出題されますが、直接的な点数にはそこまで必要ないかもしれません。

 

[st-kaiwa1]あくまでも計算問題が成り立つバックボーンとして理論を押さえていく必要があるでしょう♪

ますたん

 

逆に、計算問題は体で覚えていける要素が強いので、どちらかといえばやはり計算が大切です。

 

2.得意な人は有利

得意な人は有利

 

計算問題が得意な人は簿記試験を有利に進めることができます。

 

筆者の体感として、計算問題が得意な人は早く受かる印象です♪
ますたん

 

これは、理論に関しても計算問題を解いていればある程度理解できるからと考えられます。

 

ますたん
難しい理論問題は理論問題単体で勉強していたとしても解けない可能性があるでしょう♪

 

計算問題に関しては、難しい問題であったとしても体が覚えていれば解けてしまう場合もあるのです。

 

一概には言えませんが、傾向があるように思います♪
ますたん

 

3.簿記計算問題の解き方のコツ【3選】

簿記計算問題の解き方のコツ【3選】

 

簿記計算問題の解き方のコツ【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.仕訳は絶対

仕訳は絶対

 

先ずは、仕訳は絶対です

 

どんな問題でも仕訳はきれるようにしておくべきと言えます。

 

ますたん
なぜなら、いつ仕訳問題が出題されてもおかしくないからです♪

 

仕訳は簿記の基礎であり、取引を仕訳に起こすところから始まります。

 

仕訳をきれるようにしていけば自然と頭の中できれるようになっていくでしょう♪
ますたん

 

3-2.所与を活用

所与を活用

 

次に、所与を活用です

 

ますたん
例えば棚卸減耗費の表示区分を考えてみましょう♪

 

原価性がある場合もない場合も表示区分は2つずつあります。

 

ここでは細かく考える必要はありませんが、表示する場所が2つずつあるということは指示が必ずあるわけです。

 

指示が必ずあるということはどこに表示しなければいけないのか覚える必要はありません。

 

このように与えられる情報がある場合には覚えないようにして頭をシンプルにしていくことです♪
ますたん

 

3-3.体で覚える

体で覚える

 

最後に、体で覚えるです

 

ますたん
どうしても頭を使って計算問題を解いていこうとします♪

 

ここでは頭を使うというのは意識をしてという意味です。

 

1つ1つ考えながら解く感覚というよりも、体が勝手に解いているような状況にしていきましょう♪
ますたん

 

そのためには表などを活用すると便利です。

 

機械的に解けるようにしていき後から理解を追いつかせれば十分と言えます。

 

結論:問題を解く

 

簿記計算問題の解き方のコツ【3選】

・仕訳は絶対

・所与を活用

・体で覚える

 

当然ですが問題を解くことが大切であり意外とこれができません。

 

ますたん
実際に問題を解くことが面倒になりテキストを読んでしまうことになることもあるでしょう♪

 

たまになら全然良いのですが日頃から問題を解かない状況は注意が必要です。

 

とにかく問題を解いていれば計算問題は解けるようになっていきます♪
ますたん

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-(Financial accounting) 財務会計, Accounting(会計), Bookkeeping(簿記)
-, ,

© 2022 masutannblog