(Financial accounting) 財務会計 Accounting(会計) Bookkeeping(簿記)

簿記が経営者にとって必須な理由【3選】

 

 

簿記は経営を行うにあたり必須な勉強です。

 

ますたん
記録しておくだけと考えがちの簿記ですがそれだけではありません♪

 

円滑なコミュニケーションを行うためにも簿記を勉強しておく必要があります。

 

結論

結論から言えば、より具体的に考えることができるからです。

 

1.経営と簿記

経営と簿記

 

事業を行う場合に必要な知識の一つに簿記があります。

 

一般的には帳簿をつけるために簿記が必要であり、税理士や会計士などに任せておけば良い気もするでしょう♪
ますたん

 

ですが、それだけでは具体的にどうなっているのか現状を知ることができません。

 

ますたん
専門分野を勉強することでより円滑なコミュニケーションを図ることができるのです♪

 

2.円滑なコミュニケーション

円滑なコミュニケーション

 

売上がいくらだったのかは誰しも理解できます♪
ますたん

 

一方で、経営者はこれよりも広い視野を持たなければなりません。

 

ますたん
逆に、具体的に分析していく能力も必要になってくるでしょう♪

 

会計数値を把握した上で実践的に行動するために意思決定を行わなければならないのです。

 

3.簿記が経営者にとって必須な理由【3選】

簿記が経営者にとって必須な理由【3選】

 

簿記が経営者にとって必須な理由【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.経営分析

経営分析

 

先ずは、経営分析です

 

経営者は、機会を失わないためにも傾向が大切になってきます。

 

ただし、傾向は感覚で掴むだけでは駄目です。

 

数字を利用してより具体的に計算していきましょう♪
ますたん

 

計算した数字を定期的に見ていくことで、傾向をつかむことができるようになります。

 

ますたん
簿記の知識があれば簡単な経営分析ができるようになるでしょう♪

 

3-2.具体的戦略

具体的戦略

 

次に、具体的戦略です

 

戦略は定性的に練るだけでは足りません。

 

定量的に把握することで実践可能な数字に近づけていく必要があります♪
ますたん

 

当然ですが「頑張る」だけでは抽象的すぎて実践できません。

 

「~月は~円の粗利になるように頑張る」

 

その為には、売上をいくら、売上原価がいくらにならなければいけないのか。

 

ますたん
材料はどれくらいの価格で仕入れる必要があるのか♪

 

どんどん具体的に考えていきましょう。

 

3-3.意思決定

意思決定

 

最後に、意思決定です

 

経営者に求められる1番大切なことが意思決定能力と言えます。

 

経営者レベルにおける大きな意思決定は、会社の命運を分けるでしょう♪
ますたん

 

その為には簿記を利用した具体的な数字で、基準を決めておくと円滑に進みます。

 

ますたん
誤った意思決定をしないためにも簿記の知識は必要なのです♪

 

結論:より具体的に考えることができる

 

簿記が経営者にとって必須な理由【3選】

・経営分析

・具体的戦略

・意思決定

 

簡単に考えても経営は当然正確に行っていく必要があります。

 

簿記は日々の取引を帳簿に記録しているので、正確です♪
ますたん

 

さらに、金額という数字で計算することができるので具体的になります。

 

ますたん
具体的かつ正確な数字を理解することができる時は経営者にとって必須なのです♪

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-(Financial accounting) 財務会計, Accounting(会計), Bookkeeping(簿記)
-,

© 2022 masutannblog