Accounting(会計) Bookkeeping(簿記)

簿記試験前の注意すべき過ごし方【3選】

 

 

ますたん
試験前になるとどのように過ごしたら良いか考えます♪

 

そこである程度注意しなければいけないことを覚えておきましょう。

 

結論

結論から言えば、完璧に解ける範囲内で勉強を行い、覚えていくことが大切です。

 

1.簿記試験前とは

簿記試験前とは

 

簿記試験にはさまざまなものがありますが、試験前においての緊張感は同じです。

 

どのような勉強方法で行っていったら良いのかどう過ごしたら良いのか迷うところと言えます。

 

簿記の性質を的確に捉えて、適切な勉強方法を行うことが大切です。

 

ますたん
また過ごし方に関しても、あまり変わったことは行わなわずある程度いつも通りの生活を送っていきましょう♪

 

2.焦る必要はない

焦る必要はない

 

何より焦ると良いことはありません

 

試験の申し込みが終わると、急に今まで見てこなかった論点が頭の中に浮かび怖くなります。

 

そう思ったら勉強をすることが大切で、恐れることはありません。

 

そのように試験を繰り返していくことで苦手論点がなくなり総合的に点数が取れるようになっていくのです。

 

3.簿記試験前の注意すべき過ごし方【3選】

簿記試験前の注意すべき過ごし方【3選】

 

簿記試験前の注意すべき過ごし方【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.日にちを刻んで考える

日にちを刻んで考える

 

先ずは、日にちを刻んで考えることです

 

試験まであと~か月と考えていると、焦って勉強が落ち着いてできなくなってしまいます。

 

ますたん
例えば、5日間と決めて考えてみましょう♪

 

その5日間で総合的に勉強をする方法を見出していくのです。

 

日にちを刻むことで、総合的に勉強を行っていくことが可能となり、より効率的にすることができます。

 

5日間まるまる一つの科目に費やしてしまうと、その科目はできるようになるのですが他の科目を忘れてしまうのです。

 

ますたん
そうならない為にも日にちを区切り、余裕を持って勉強を行っていくことが大切と言えます♪

 

3-2.いろんな問題に手をつけない

いろんな問題に手をつけない

 

次に、いろんな問題に手をつけないことです

 

様々な問題を勉強しておいた方が良いと考えるのは普通のこととも言えます。

 

ですが、問題は無数にあり試験前に新しい勉強を始めることが危険です。

 

ますたん
それよりも完璧にこなせる範囲内で問題を決め、自信を持って試験に臨みましょう♪

 

試験当日は過信しているぐらいでちょうど良いのです。

 

普段は無知の知を大切に知らないことばかりだと考え、追究して勉強していくことが大切と言えます。

 

ですが、試験当日にそのような気持ちでいると不安になってしまうことが考えられるのです。

 

ますたん
この試験会場で自分が一番頭が良いわからないことなんか何もないと過信してしまいましょう♪

 

それぐらい強気でいることが大切です。

 

3-3.体調第一

体調第一

 

最後に、体調第一です

 

筆者もよくやるのが、試験前に意気込み体調を崩しがちになることが多々あります。

 

試験当日に体調を崩していては、最高のパフォーマンスができず元も子もありません。

 

それだったら勉強をせず健康な状態で試験に臨んだ方が、点数が高くなることさえ考えられるのです。

 

ますたん
体調を崩さない範囲で勉強を行い、休む時はしっかり休みましょう♪

 

結論:いつも通り

 

簿記試験前の注意すべき過ごし方【3選】

・日にちを刻んで考える

・いろんな問題に手をつけない

・体調第一

 

ますたん
これが難しいのですが、いつも通り勉強している状態が一番望ましいです♪

 

変に緊張してしまうと解けなくなるのが人間と言えます。

 

ますたん
緊張せずいつも通りの生活を行っていきましょう♪

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Accounting(会計), Bookkeeping(簿記)
-, ,

© 2022 masutannblog