Accounting(会計) Bookkeeping(簿記)

簿記における『継続性の原則』簡単に理解するポイント【3選】

 

 

ますたん
簿記においては『継続性の原則』があります♪

 

基本的に会計では会計処理の継続適用を求めているのです。

 

結論

結論から言えば、何故継続するべきなのかから逆算して考えていく必要があります。

 

1.『継続性の原則』とは

『継続性の原則』とは

 

1つの会計事実に会計処理の選択適用が認められている場合には、会計処理を継続適用しましょうという原則です。

 

継続すると言われると『簡単に変更したら分からなくなるよね』と考えがちと言えます♪
ますたん

 

誤ってはいませんが、正確な意味を理解しておく必要があるのです。

 

ますたん
なぜ継続するのかについて考えていくことが大切と言えます♪

 

2.会計事実と会計処理

会計事実と会計処理

 

会計事実とは会計処理を行う事実であり、会計帳簿に記録しておく必要のある事実です。

 

会計処理の目的は投資家が将来キャッシュフローを得るために行われます♪
ますたん

 

つまり資本主義の下、投資家の判断材料になる為に、会計処理していくのです。

 

ますたん
この抜本的な目的を事前に把握しておきましょう♪

 

3.簿記における『継続性の原則』簡単に理解するポイント【3選】

簿記における『継続性の原則』簡単に理解するポイント【3選】

 

簿記における『継続性の原則』簡単に理解するポイント【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.操作

操作

 

先ずは、操作です

 

会計では利益の操作が重要視されます♪
ますたん

 

なぜなら、利益はいつ認識するかが課題に上がり、それにより簡単に利益が変わってしまうのです。

 

会計処理方法を継続していない場合には、利益を経営者が簡単に上げたり下げたりしてしまいます。

 

会計は正確に数字を把握する為に行われていますので、これでは意味がありません。

 

3-2.比較

比較
次に、比較です

 

ますたん
作戦の方法と比較を行う場合に数字が全然違っていたらどうでしょう?

 

なにか問題が起こったのではないかと考えられます。

 

ですが、会計事実が変わっていないのに、会計処理の方法が簡単に変更されてしまえば、

投資家の判断を困らせます。

 

継続していることで、その数字の内容に着目することができるのです。

 

3-3.選択

選択

 

最後に、選択です

ますたん
選択が出来ない場合には1つの会計処理によるしかありません♪

 

ですが、様々な経営形態があるのにもかかわらず、1つの会計処理を強制するのは間違っています。

 

なぜなら、経営は営利目的で行っていますので、あまりに正確な会計処理を強制することで経営がうまくいかなくなるのはおかしいですよね?
ますたん

 

確かにそのような面もありますが、基本的にはそのような場合には要件を満たしていれば、いくつかの会計処理から選択適用が出来るようになるのです。

 

このような理由で選択適用が容認されているので、継続性が要求されてくると言えます。

 

結論:継続していれば分かりやすい

 

簿記における『継続性の原則』簡単に理解するポイント【3選】

・操作

・比較

・選択

 

つまり簡単に言えば、継続していれば分かりやすいと言うことであり、振出に戻ります。

 

ますたん
この事実は変わりませんので、その内容がどうなっているのかについて考える必要があるのです♪

 

会計の理論は難しく考えず、簡単に押さえた後深堀して考えていきましょう。

 

では、今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Accounting(会計), Bookkeeping(簿記)
-, ,

© 2022 masutannblog