Accounting(会計) Think(考える)

【個人事業主】税理士の相場はいくらくらい!?税理士を選択する基準【3選】

 

 

 

個人事業主は経理を行わなければなりませんが、専門性が高く難しいです。

 

ますたん
そこで税理士に任せようと考える方も多いですが、実際にいくらくらいかかるのか知らない方も多いと言えます♪

 

調べてみたら意外と高くて敬遠してしまうこともあるでしょう。

 

結論

結論から言えば、税理士の顧問は安くても1万円程度であり、個人事業主を専門としている税理士に依頼することが大切です。

 

1.個人事業主による税理士の顧問とは

個人事業主による税理士の顧問とは

 

個人事業主として開業する場合、事業が安定していないことが多く、事業活動に追われてしまうことが多いでしょう♪
ますたん

 

ですが、税金を支払わなければならないので、会計や税務も同時に行う必要があるのです。

 

ますたん
事業活動を行えば会計が後回しになり、会計を行えば事業活動が疎かになりがちと言えます♪

 

同時に行う為には専門家である税理士と顧問契約して、会計や税務を専門家とともに進めていくのが有効です。

 

小規模で全く利益がない状況では、自身で学びながら行うことも考えられますが、多少の経費を払える場合には依頼すると安心できます。

 

取引機会を損なわない為に、税理士への依頼を行うことは有利に経営を進められるポイントです。

 

2.税理士の相場はいくらくらい!?

税理士の相場はいくらくらい!?

 

税理士の相場は、業種により取引量が違うので相場も異なります♪
ますたん

 

また、売上の規模により変動する取引形態になっていることも多いです。

 

ますたん
最安でも1万円程度であり2、3万円になることも考えられます♪

 

ある程度売上があれば問題なく支払っていけるかもしれません、厳しい場合には記帳代行のみなどの検討もありです。

 

顧問と言っても、どこの税理士を選択すれば良いのか分からないので、選択基準を知っておくと有利に進められるでしょう。

 

3.税理士を選択する基準【3選】

税理士を選択する基準【3選】

 

税理士を選択する基準【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.業務範囲

 

先ずは、業務範囲です

 

税理士の業務は、独占業務と言われる税務代理・税務書類作成・税務相談に限りません。

 

記帳代行や決算業務など、どこまで行って貰えるのかを確認しておきましょう♪
ますたん

 

逆に、自身が行ってほしい業務を明確にしておく必要があります。

 

実際に依頼してみたらあまり相談する機会がなく、業務も限定的だったとならないように事前に確認しておくことが大切です。

 

3-2.料金体系

 

次に、料金体系です

 

料金体系は会計事務所により区々と言えます。

 

ますたん
実際に依頼しようとしている料金体系を確認しておきましょう♪

 

自身の事業内容でどの程度の業務を依頼した場合に、いくらかかるのか具体的にチェックしておくとベストです。

 

また、売上が上がると料金も上がる場合には、自身の目標売上を考慮して決定する必要があります♪
ますたん

 

3-3.専門性

 

最後に、専門性です

 

ますたん
税理士だから税金や会計に精通しているのは間違いありません♪

 

ですが、税理士にもそれぞれより専門分野があります。

 

自身の業務に精通している税理士をできれば選択していくと助言を得られやすいでしょう♪
ますたん

 

個人事業主の場合には、個人事業主を専門としている会計事務所に依頼するのが吉です。

 

4.個人事業主サポート会計事務所

個人事業主サポート会計事務所

 

税理士からすれば、法人などの取引規模が大きい顧客を持つことで、売り上げをあげられます。

 

ますたん
個人事業主は法人と比較して報酬が少ないので、敬遠されがちなのです♪

 

ですが、昨今では事業形態も多様になってきており、働き方も無数にあります。

 

個人で働く時代になってきつつあるので、個人はとても大切な存在であると言えるのです♪
ますたん

 

そこで、個人事業主を全力でサポートしてくれる会計事務所の選択が鍵を握ります。

 

5.菊池会計事務所の利用によるメリット

菊池会計事務所の利用によるメリット

 

ますたん
菊池会計事務所では、個人事業主へのサポート体制を強めていて、節税対策も万全の状態で行えるでしょう♪

 

以下では、菊池会計事務所に依頼するメリットについてご紹介していきます。

 

5-1.マイクロ法人スキーム

 

先ずは、マイクロ法人スキームです

 

菊池会計事務所は、マイクロ法人スキームを導入することで節税する方法を推奨しています♪
ますたん

 

マイクロ法人スキームはマイクロレベルで法人を設立して、総合的に個人からでていく費用を抑えていく方法です。

 

ますたん
せっかく依頼したのにも関わらず、本当に節税できるのか不安に思う方もいるでしょう♪

 

そこで、無料でどの程度の節税が可能なのか見積もりをしてくれるので、安心して依頼できます。

 

5-2.節税効果>税理士報酬

 

次に、節税効果>税理士報酬

 

基本的に税理士への依頼は会計を正確に行って貰える手助けになります。

 

節税効果を望んでいる個人事業主の方も多くいますが、費用が気になるのが実情です♪
ますたん

 

ですが、節税効果が税理士報酬を上回っていれば、寧ろ頼まない理由がありません。

 

節税効果の見積もりにより実際に節税できそうかどうかが分かるので、節税効果が上回っている場合に依頼することも可能です。

 

業界最安値の月額5千円~依頼できるので、手元資金の増加も望めます。

 

国内最安でマイクロ法人を導入するなら菊池会計事務所

 

5-3.経営基盤強化

 

最後に、経営基盤強化

 

会計や税務については勿論、マイクロ法人導入によるコンサルティングも行えます。

 

ますたん
融資や補助金は専門的なことが多く、自身でわからない内容も対応可能です♪

 

リモートによる顧問なので、事務所に通う手間も省けて効率的と言えます。

 

経営の基盤が強化されて事業活動に力を入れていけるでしょう♪
ますたん

 

6.専門分野は専門家の助けが肝心

 

ますたん
このように、事業により専門分野は異なり、会計や税務も同様に専門家の助けを借りるのが鍵を握ります♪

 

会計や税務を正確に行えば、会社を定量的に細分化して、より具体的に事業の展望について考えていけようになるのです。

 

ますたん
個人事業主は、個人事業主専門の会計事務所に依頼することが望ましいと言えます♪

 

では、今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Accounting(会計), Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog