(Financial accounting) 財務会計 Accounting(会計) Bookkeeping(簿記)

簿記の理論を楽しく覚えるコツ【3選】

 

 

ますたん
あなたは簿記の理論について勉強したことがありますか?

 

簿記の理論は、会計処理を行う基礎でありとても大切な概念と言えます。

 

結論

結論からいえば、簿記として会計処理を行う考え方であり、簡単に考えるいくつかのコツを覚えておくことが大切です。

 

1.簿記の理論とは

簿記の理論とは

 

簿記の理論と聞くと、物怖じしてしまいそうになります。

 

ますたん
ですが、なぜそのような会計処理になるのかを考えることです♪

 

そんなに難しいことではないので簡単に考えましょう。

 

そればかりか、簿記の理屈がわかるのでとても楽しいことなのです。

 

資格試験で言えば、直接的に出題されるのは全経簿記上級や日商簿記一級です。

 

ますたん
ただ出題されるかどうかではなく、勉強している方は全員理解しておいてほしいことだと言えるでしょう♪

 

2.なぜ大切なのか

なぜ大切なのか

 

大切な理由は様々あります。

 

例えば以下の通りです

・具体的な説明

・簿記に対する理解

・専門的な意思の疎通

 

簿記の理論とはいえ、簡単に言えば簿記に対する理解の度合いです。

 

ますたん
ですから、なぜそうなるのか説明ができたり、専門性の高い会話をして効率的に物事を進めたりすることができるようになるのです♪

 

3.簿記の理論を覚えるコツ【3選】

簿記の理論を覚えるコツ【3選】

 

簿記の理論を覚えるコツ【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.背景

背景

 

先ずは、背景です

 

簿記は実務が先行しているので、その会計処理を行う背景があります。

 

ますたん
経済的なことや取引自体の背景など、様々なことが考えられるでしょう♪

 

これらを理解していないとなぜそのような会計処理に至ったのかが分かりません。

 

会計処理を学ぶ前に背景がどのようなものになっているのか、趣旨は何なのかを考えていきましょう。

 

3-2.分解

分解

 

次に、分解です

 

難しく感じている時には一つ一つ分解して考えることが大切です。

 

ひとつの会計処理があった時にその会計処理を数字の部分と文字の部分に分解してみることも手でしょう。

 

なぜならそのような仕訳が行われるのと、いくらで行われるのかは、別に考えた方が分かりやすいのです。

 

ますたん
最終的には総合して判断するにしても、考えている段階では分解してみましょう♪

 

3-3.語呂

語呂

 

最後に、語呂です

 

ますたん
試験などではスピードも求められます♪

 

要件などいくつかあるものは語呂で覚えてしまうのが一番簡単です。

 

暗記するだけでは意味がないということもありますが、とりあえず解けることを考えていきましょう。

 

でなければ、理解しているのにその用語が出なくて点数が取れないということもあります。

 

ますたん
悔しい思いをしないためにもとりあえず覚えるようにしましょう♪

 

結論:用語を覚えて内容理解

 

簿記の理論を覚えるコツ【3選】

・背景

・分解

・語呂

 

最初にどのような内容なのか覚え、答えられるようにしておきましょう。

 

ますたん
その上で分解してひとつひとつを理解していくことが大切です♪

 

背景や趣旨に注意をするとわかりやすいのでおすすめです。

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-(Financial accounting) 財務会計, Accounting(会計), Bookkeeping(簿記)
-, , ,

© 2022 masutannblog