Think(考える)

勉強にメリハリをつけるメリットと方法【3選】

 

ますたん
勉強していて解けない問題を解き続けたり、休みたいのに勉強が頭にこびりついてなかなか休めなかったりする時もありますよね♪

 

勉強においてメリハリをつけることはとても大切なことです。

 

結論

結論から言えば、しっかりメリハリをつけることでストレスを溜めることなく効率的な勉強をしていくことが可能なのです。

 

1.勉強におけるメリハリとは

勉強におけるメリハリとは

 

勉強は仕事などのように出勤時間がないため、だらだらとやってしまうことがあります。

 

ますたん
ですが勉強は、宿題などの作業でない限り覚えることに意味があります♪

 

時間を費やせばできるようになる可能性は確かに高まるかもしれません。

 

ただその保障もなく、様々な場面におけるメリハリがとても大切なのです。

 

2.メリハリをつけるメリット

メリハリをつけるメリット

 

メリハリをつけることによりストレスが溜まりづらくなります

 

さらに集中して行なっている時には頭に効率的に内容を記憶させることができるでしょう。

 

例えてみるなら、メリハリのない状況というのは、渋滞している下道を永遠に走り続けている状況です。

 

それであれば高速道路を利用し、一気に走り抜けて休憩を入れた方が効率は良いですよね。

 

ますたん
渋滞を走り疲れてついた時には、高速道路で来た人は遊び終わって寝ているでしょう♪

 

このようにメリハリをつけることで、効率的な勉強を行うことができ、ストレスを溜めることなく、時間的余裕も生まれるのです。

 

3.勉強にメリハリをつける方法【3選】

勉強にメリハリをつける方法【3選】

 

勉強にメリハリをつける方法【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.マルチタスクをやめる

マルチタスクをやめる

 

先ずは、マルチタスクをやめることです

 

単純作業の際に暗記しているか確認することは有用です。

 

例えば散歩をしている時に、安全な場所であれば覚えたことを頭の中で思い出してみること等は大切と言えます。

 

ですがスマホをいじりながらや、テレビを見ながらなど情報の多いことと一緒に勉強することは、ストレスを感じる事が多いです。

 

ますたん
頭に入ってこないことが多くメリハリがつかないことが考えられるので注意しましょう♪

 

3-2.区切る

区切る

 

次に、区切ることです

 

ますたん
勉強をしているとこちらで紹介したような、依存している状態になってしまうことがあります♪

 

勉強していないと落ち着かず、何をしていても勉強のことを考えて疲れてしまうのです。

 

受験勉強や資格試験など期限の迫っていることに関しては少しでも多く勉強した方が良いと考え特に頭から離れないでしょう。

 

ですが頭が疲れて勉強が入ってこなくなってしまうので、ページ数や時間など普遍的な事実で区切ることが大切です。

 

3-3.寝る

寝る

 

最後に、寝ることです

 

スポーツをしたりすると、頭がすっきりすることもありますが、疲れることも考えられます。

 

ますたん
適度な運動をして、メリハリがつかないと考えられる時には寝てしまいましょう♪

 

寝ている時に勉強をしないとと考えたり勉強内容が頭を駆け巡ることは私は今までありません。

 

疲れたと感じたら、寝れる状況であればすぐに寝るというのが大切です。

 

普段からずっと勉強しているのに寝たら勉強が追いつかないのではないかと恐怖心を感じてると実感したら気にせず寝てしまいましょう。

 

ますたん
そうすることでメリハリがしっかりつきます♪

 

結論:疲労を考える

 

勉強にメリハリをつける方法【3選】

・マルチタスクをやめる

・区切る

・寝る

 

人は疲れるということを頭に入れておくだけでかなり違います。

 

ますたん
疲れるという考えがないとずっと勉強をして出来なくなってもなぜ勉強ができないのかと自暴自棄になります♪

 

疲れているから仕方ないので休むと考えれば無理なく休めます。

 

ますたん
またマルチタスクをしていると別のことに気がとられて、疲れてしまうのです♪

 

マルチタスクを辞め勉強に集中し効率的な勉強心がけることがメリハリのある勉強と言えるでしょう。

 

ますたん
その勉強が終わってしまえば寝るもよし遊ぶもよし好きなことをしてストレス発散することが重要なのです♪

 

でも今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, , ,

© 2022 masutannblog