Think(考える)

【知ることの大切さ】知ることは恐怖ではなくチャンスである理由【3選】

 

一般的には知ることで行動できなくなります♪

 

ですが、そもそもなぜ知ろうと思うのでしょうか。

 

結論から言えば、知ることは前の自分より成長している状態です。ですから、そのチャンスを利用してチャレンジすることが重要になってきます。

 

そこで今回は、以下のことをご紹介していきます

 

1.知ることとは

知ることとは

 

知ることとは、今まで認知していなかった情報を認知することを言います♪

 

説明すると難しく感じますが、簡単に考えて下さい。

 

その事実を知ることが出来る機会には、以下のようなことがあります

・勉強

・仕事

・会話

 

このようなことから自分の知らなかった情報を知ることです。

 

2.知ることがなぜ恐怖なのか

知ることがなぜ恐怖なのか

 

知ることが恐怖なのには以下のようなことがあります

・規制

・先に行われている

・死

 

情報の性質により恐怖な内容は変わりますが、このようなことにより行動が出来なくなることが多いです。

 

法律や条例など、知らなければ後に怖いですが知ることで大変だと言うことが分かります♪

 

また、何かチャレンジをしようと思ったのに先に行われていたことを知った時、人は最終的に死ぬと再確認した時など臆病になり行動が委縮してしまうのです。

 

3.知ることがチャンスな理由【3選】

知ることがチャンスな理由【3選】

 

ですが、チャンスだと言うのには理由があります。

 

知ることがチャンスな理由【3選】は以下の通りです。

 

3-1.無知の知

無知の知

 

先ずは、無知の知です

 

知らないことを知っているのと知らないのでは大違いです♪

 

完璧に知らないにしても、知らないことが分かるだけで学ぶことが出来ます。

 

知らないことを知らないと、自分が全部知っていると感じます。

 

そこから慢心になり、学ぶことをやめてしまうのです。

 

参考記事:『無知の知』を勉強や仕事に活かす【方法】

 

3-2.急がば回れ

急がば回れ

 

次に、急がば回れです

 

急いで進むとなにか失敗するのがつきものです♪

 

ですから、ゆっくりしっかり学ぶことが大切です。

 

もし、急いで進めていくのなら急いで知ることです。

 

つまり、お金をかけたとしても専門家を雇うないし相談して、学んでいく必要があります。

 

3-3.知らないことが恐怖である

知らないことが恐怖である

 

最後に、知らないことが恐怖である

 

よく考えて貰いたいのは、なぜ知ろうとするのかです

 

最終目標が幸せになることだとして、その為にお金を稼ぐ術を知ろうとしているとします。

 

その過程で、法を犯したりしては幸せからは遠ざかります。

 

ですから、その法を知っていなければならず、知らないことの方が怖いのです。

 

まとめ

 

知ることが恐怖でなくチャンスである理由

・無知の知

・急がば回れ

・知らないことが恐怖

 

このように、知ることは恐怖ではなくチャンスです。

 

知ったことによって行動が委縮してしまうのは事実ですが、間違いです。

 

知ったことを活かして「行動」していかなければ始まりません。

 

ですから、チャンスが増えたと捉えていきましょう♪

 

では、今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog