Think(考える)

勉強で肩こりがする場合の対策【3選】

 

 

勉強をしていると肩こりが起きることがあります。

 

ますたん
辛い肩こりから体調不良になってしまうことも考えられるでしょう♪

 

肩こりにならない対策はもちろんなってしまった場合にも解消していかなければなりません。

 

結論

結論から言えば、日々血流を意識することです。

 

1.勉強と肩こり

勉強と肩こり

 

勉強をしていると、同じ体勢でいるので肩がこりやすくなってしまいます。

 

肩がこってくると、頭痛がしてしまったり気分が悪くなる場合もあるでしょう♪
ますたん

 

体調が悪い状況では勉強に集中ができません。

 

ますたん
なんとなくごまかしていくのではなく、体調不良にならないように対策が大切です♪

 

2.早めの対策を

早めの対策を

 

気分が悪くなってしまうと治すのが大変になってしまうかもしれません。

 

体調不良は肩こりから起こるだけではないので、初めは肩こりかどうかも分からないこともあるでしょう♪
ますたん

 

病院に行って相談をしたり、場合によっては検査をすることもあるかもしれません。

 

勉強は継続が大切なので、出来る限り体調不良を起こすことなく、時間の間隔を短めに勉強をしていく必要があります。

 

早めに対策を行うことで、肩こりになりづらくしていくことができるでしょう。

 

3.勉強で肩こりがする場合の対策【3選】

勉強で肩こりがする場合の対策【3選】

 

勉強で肩こりがする場合の対策【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.体勢を変える

体勢を変える

 

先ずは、体勢を変えるです

 

勉強をしていると普段想像がつかないぐらい同じ体勢でいることが増えてきます。

 

ますたん
無意識に動くことはあっても大きく体勢を変えることは少ないでしょう♪

 

なので、意識して体勢を変えると良いかもしれません。

 

日頃座りながら勉強をしている人は、気付いた時に立ち上がるなど、同じ体勢でいることを避けましょう♪
ますたん

 

そもそも姿勢を正すことも大切なので、どちらも意識していくことが大切です。

 

3-2.ストレッチ

ストレッチ

 

次に、ストレッチです

 

体勢を変えたとしても、長時間の勉強で血流が滞ってしまいがちになります。

 

ますたん
適度なストレッチを行うと気持ちよく、勉強のリフレッシュにもつながるでしょう♪

 

肩を回せば、肩こりも減ってくると思います。

 

無理に回すと怪我に繋がるので注意しながら行いましょう♪
ますたん

 

3-3.お風呂に浸かる

お風呂に浸かる

 

最後に、お風呂に浸かるです

 

肩こりが行なっているとついつい肩周りだけ意識すれば良いと考えがちになります。

 

ますたん
ですが、実際には全身の血流を良くしておくことが大切と言えるでしょう♪

 

そんな時に有効なのがお風呂に浸かることです。

 

肩こりは日々少しずつこってくるので、今日残りは今日ほぐすイメージで、注意していきましょう♪
ますたん

 

結論:日々血流を意識

 

勉強で肩こりがする場合の対策【3選】

・体勢を変える

・ストレッチ

・お風呂に浸かる

 

老廃物を滞らせないように、血流について考えていくのが大切です。

 

ますたん
肩こりにならない意識を持っていくと良いでしょう♪

 

肩がこっていなくとも、ストレッチなどを行い事前に対策をしていけば、体調不良まではいかずに、食い止められるかもしれません。

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog