Think(考える)

経営学は楽しい!?楽しむために大切な視点【3選】

 

 

 

経営と聞くと自分とはかけ離れていると感じる方もいるでしょう。

 

ますたん
ですが、思っているよりも楽しく学べるのが経営学です♪

 

楽しく学ぶための視点を知っていることが大切になるでしょう。

 

結論

結論から言えば、経営を行っていくのは人なので、人について俯瞰して考えていくところが経営学の面白いところです。

 

1.経営学は楽しいのか

経営学は楽しいのか

 

経営学は難しくてつまらなそうとイメージを持つ方も居るでしょう♪
ますたん

 

実際に経営は難しく一筋縄ではいきません。

 

ますたん
ですが、勉強としては問題を解決していく必要はないでしょう♪

 

あくまでも過去に行われてきた経営や研究の結果を教えてくれます。

 

経営の普遍的知識として覚えておくことができるのです。

 

2.楽しむことの重要性

楽しむことの重要性

 

経営学では確かに難しく感じてしまう部分はあるかもしれません。

 

ですが、どんな時でも楽しく学んでいく姿勢を崩さないようにしましょう♪
ますたん

 

そうすることで苦に感じながら学び、頭に入らないという悪循環を避けていけます。

 

ますたん
どのようにすれば楽しめるのか知的好奇心を刺激していくことが大切です♪

 

3.経営学は楽しい!?楽しむために大切な視点【3選】

経営学は楽しい!?楽しむために大切な視点【3選】

 

経営学は楽しい!?楽しむために大切な視点【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.心理

心理

 

先ずは、心理です

 

経営を行うのは人であり、顧客も取引先も人です♪
ますたん

 

つまり人がどのように考えるのかについて場面場面で考える必要があります。

 

人の心理がわからなければモノを売ることもできません。

 

数学とは異なり人のキモチについて考えていくのです。

 

ますたん
つまり答えがひとつではなく、複数ある可能性もあるでしょう♪

 

3-2.行動

行動

 

次に、行動です

 

人は自分の考えに基づいて行動していきます。

 

通常は会社の決まりに沿って行動していきますが、そうとは限りません♪
ますたん

 

通常はどのように行動していくのか考えていかなければなりません。

 

従業員のモチベーション高めて能動的に行動して貰うにはどうしたら良いのかが会社では肝心です。

 

また、消費者にはどのような種類が居て行動をしているのか、俯瞰する必要があります。

 

3-3.分析

分析

 

最後に、分析です

 

経営学は会社全体や経営者の立場に立ち、分析を行います。

 

ますたん
分析をすることでこれからの会社の行動を決定していかなければなりません♪

 

経営には絶対というものはなく、あくまでも可能性で行動していきます。

 

つまり、分析により可能性を高めていく必要があるのです♪
ますたん

 

結論:経営を俯瞰して考える

 

経営学は楽しい!?楽しむために大切な視点【3選】

・心理

・行動

・分析

 

ますたん
経営を行っている段階では目の前の問題を解決しなければなりません♪

 

ですが、目の前の問題を解決するためには普遍的知識があるのとないのとでは大きく違います。

 

経営という馴染みのないことについて「普通」の概念を楽しく学んでいきましょう♪
ますたん

 

では、今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

 

スポンサーリンク

-Think(考える)
-,

© 2022 masutannblog