Think(考える)

Webライター始め方のポイント【3選】

 

 

ますたん
Webライターを始めたいと思ってもどのように始めれば良いのか分からない方がほとんどです♪

 

Webライターは始めた後が大変なので、覚悟して臨む必要はあります。

 

結論

結論から言えば、文章や専門性について少しずつコツを掴んでいくことが大切です。

 

1.Webライターを始める

webライターを始める

 

Webライターを気軽に始めるには、クラウドワーキングサービスを利用するのが良いでしょう。

 

ランサーズやクラウドワークスと言った、仕事の募集があるサイトです♪
ますたん

 

その中で自身にあった案件を選択して受注していく必要があります。

 

Webライターだけでなく動画編集や文字起こしなど様々な業態があるので、他の事にチャレンジしてみることも収入をアップさせるためには大切です。

 

2.誰でもできる?

誰でもできる?

 

ますたん
Webライターは文章をパソコンで打つ込めれば誰でもできます♪

 

ただ、専門性を有するものに関しては、検索したり文章を考えるのに時間を要するため、すぐに稼ぐのは難しいです。

 

専門性が高い文章は高価な傾向があるので、将来的にみれば専門性を高めていくことが収入アップのコツと言えます。

 

最初は誰でも書けるようなものにチャレンジし、コツを掴んだら専門的な文章に移行していきましょう。

 

3.Webライター始め方のポイント【3選】

webライター始め方のポイント【3選】

 

Webライター始め方のポイント【3選】は、以下の通りです。

 

3-1.安売りしない

安売りしない

 

先ずは、安売りしないです

 

ライターの仕事は基本的に文字単価や記事単価で受注します♪
ますたん

 

普通に文章の打てる方で、1~2円程度受注出来なければ仕事になりません。

 

ますたん
始めは0.5円程度でも良いですが、1円位なら専門性は特に必要ないでしょう。

 

逆に専門的で1円程度なら時間を要するので避けた方が良いです。

 

また、書くだけではなく訂正作業なども入るので、そこまで考慮に入れて単価を決定することが大切です。

 

3-2.時間をかける

時間をかける

 

次に、時間をかけるです

 

Webライターの仕事は早く書けば当然時給は上がります♪
ますたん

 

前述したとおり訂正が入れば時給が下がるのです。

 

ますたん
ただ、細かいところを最初から考えていると嫌気がさしてしまうでしょう♪

 

最初は単価など気にせず、文章の内容に注意して書いていくことをお勧めします。

 

3-3.コミュニケーション

コミュニケーション

 

最後に、コミュニケーションです

 

文章は個人で受注していますが、個人で執筆しているわけではありません。

 

あくまでも顧客の文章を書いているのであって、相手に合わせる必要があります。

 

分からないところがあればすぐに聞き、一緒に良い文章を作成していく気持ちが大切です♪
ますたん

 

a さんには良い文章でも b さんにはダメな文章に見えるかもしれません。

 

ちょっとした言い回しの差でも、個人によって納得がいかないことがあるのです。

 

結論:楽しんで執筆

 

Webライター始め方のポイント【3選】

・安売りしない

・時間をかける

・コミュニケーション

 

ますたん
何より楽しんで文章を変えていくことが必要です♪

 

楽しめないことは継続できません。

 

継続できなければ単価は上がっていかないので、最初は気軽に楽しんで文章を書いていきましょう♪
ますたん

 

では今回は以上です♪

ご視聴ありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク

-Think(考える)
-, ,

© 2022 masutannblog